本文へ
表示モードの切替
印刷

10月 麦栽培講習会の開催

要約

西部管内各JAにおいて麦栽培講習会が開催され、高品質麦生産のための肥培管理、赤かび病防除等の指導を行いました。

1 ねらいと背景

西部管内は平坦地域を中心に米麦二毛作が盛んに行われています。令和元年産麦は、3月下旬から4月上旬にかけての降霜により、凍霜害が発生し赤かび病の発生リスクが高まりました。また、畑作物の直接支払交付金では、等級・ランク区分に応じて交付金単価が決定されるため、肥培管理や排水対策等が重要となっています。そこで、令和2年産麦に向け、適切な栽培管理、病害虫防除について講習を行いました。

2 取り組み成果

9月27日から10月4日にかけて、JA碓氷安中、JAはぐくみ、JAたかさきで麦栽培講習会を開催し、延べ87名の生産者が出席しました。講習会では、令和元年産麦の等級やランクを振り返り、品質評価基準の基準値達成に向けた肥培管理や、枯れ熟れの対策について説明しました。近年、ネズミムギなどの難防除イネ科雑草が増加しているため、多発ほ場では播種後発芽前の非選択性茎葉処理剤+土壌処理剤による防除を紹介しました。また、重要病害である赤かび病については、令和元年産で指導を徹底したことから、令和2年産についても、生産者の防除意識が高まっていると感じました。

3 今後の方向

今後は中期栽培講習会の実施や、巡回および麦作情報等の提供を行い、生育状況に応じた栽培管理の周知・徹底を図っていきます。また、赤かび病防除の100%実施を目指します。

JAたかさき麦栽培講習会写真1 
写真1 JAたかさき麦栽培講習会 
JAたかさき麦栽培講習会写真2
写真2 JAたかさき麦栽培講習会

このページについてのお問い合わせ

西部農業事務所普及指導課
〒370-0805 高崎市台町4-3
電話 027-321-3600
FAX 027-321-3606
E-mail seibunou@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。