本文へ
表示モードの切替
印刷

2月 日本一の露地なす産地づくり

要約

群馬県西部地域では管内5JAと関係機関が連携し、「日本一の露地なす産地づくり」に取り組んでいます。今年度は農業農村振興計画2016-2019地域重点プロジェクト」が最終年となり、活動のとりまとめとして1月30日に実績検討会を開催しました。

1 ねらいと背景

西部地域では平成24年度より、管内5JA(JAたかさき、JAはぐくみ、JAたのふじ、JA甘楽富岡、JA碓氷安中)と関係機関の担当者が各産地のレベルアップを図るため、現地研修会や検討会を開催し、露地ナス振興を図ってきました。

2 取り組み内容

高崎合同庁舎会議室を会場に16名が出席し、今年度の栽培を振り返り、各JAより取り組み実績の報告がありました。栽培期間の7月上・中旬は低温、日照不足が著しく、9月以降の高温少雨、10月中旬の台風の影響により大幅な減収が心配されましたが、各産地(JA)の栽培努力により、西部地域全体の収量は前年比89%となりました。また、産地動向のなかで、現時点における令和2年度の新規栽培者は11名でした。

3 今後の方向

関係機関との連携を強化し、新規栽培者の掘り起こしと定着支援、生産性の向上、経営ならびに生産安定によるナスの生産振興を図ります。

第1回現地研修会(安中市)写真1
写真1 第1回現地研修会(安中市)
実績検討会(高崎合庁)写真2
写真2 実績検討会(高崎合庁)

このページについてのお問い合わせ

西部農業事務所普及指導課
〒370-0805 高崎市台町4-3
電話 027-321-3600
FAX 027-321-3606
E-mail seibunou@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。