本文へ
表示モードの切替
印刷

森林土木第二係の業務について

治山事業とは

 治山事業とは風や集中豪雨により山が崩れて森林がなくなってしまった場所に森林を作ったり、土砂が異常に堆積していて災害の危険がある渓流に森林の働きを助ける施設を作って、災害から人命や財産を守り、県民の皆さんが「安全で安心できる豊かな暮らし」ができるようにする事業です。
 当係では、災害に強い吾妻地区をつくることを目指して日々頑張っています。

治山事業の様子写真

 治山事業の紹介

治山事業
大きな事業の区分 具体的な事業名 事業の内容
山地治山
(公共事業)
復旧治山事業 山崩れや異常に土砂が堆積している渓流等を整備し、災害の防止及び軽減を図るための事業。
予防治山事業 山崩れや荒廃の兆しのある渓流等を整備し、災害を未然に防止するための事業。
地域防災対策総合治山事業 荒廃山地等の山地災害危険地区が集中した地域等で総合的・一体的に災害の防止及び軽減を図る事業。
水源地域等
保安林整備
(公共事業)
奥地保安林改良事業

奥地水源地域等の荒廃地や荒廃森林を整備し、森林の持っている水源かん養機能や土砂流出防止機能を高度に発揮させるための事業。

保安林改良事業

林況が著しく悪化した保安林において、植栽、本数調整伐等を実施し、林況を復旧するための事業。

保育事業

治山事業施行地の森林、水源地域の機能が低位な保安林を対象とし、その健全な生長を促進させるため下刈、追肥、寒伏、寒起、除伐、本数調整伐、受光伐、つる切り、枝落し、部分補植等を行う事業。

単独治山事業 県単治山事業

公共事業の対象とならない小規模な山崩れや荒廃した渓流の復旧整備を行う事業。

保安林リフレッシュ事業

公共事業の対象とならない機能が低下した保安林において、その機能を回復させるため、森林整備、作業道、柵工等の整備を行う事業。

県単修繕事業

県が維持管理している治山施設の修繕を行うことにより施設の機能回復を図り、災害を防止する事業。

山地災害応急事業

台風や集中豪雨により、治山施設または人家付近に土砂礫や流木が異常に堆積した箇所において、早急に土砂排除や応急防護施設を設置する事業。

吾妻環境森林事務所トップページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

吾妻環境森林事務所
〒377-0424 吾妻郡中之条町大字中之条町664
電話 0279-75-4611
FAX 0279-75-6548
E-mail agakan@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。