本文へ
表示モードの切替
印刷

レジオネラ症について

どんな病気?

  • レジオネラ症は、38度以上の高熱や呼吸困難、意識障害などが現れる感染症です。
  • レジオネラ症を引き起こす菌(レジオネラ属菌)は、水の中や湿った土の中などに生息しています。
  • 菌を含む細かい水滴や、ほこり・ちりを吸いこむことで感染します。
  • 高齢者や糖尿病、肺疾患など基礎疾患がある人、抵抗力が弱い人は特に感染しやすいといわれています。
  • ヒトからヒトへの感染はありません。

家庭でレジオネラ症を防ぐには?次のことに注意しましょう!

お風呂

  • 浴槽のお湯は、毎日交換する。
  • レジオネラ属菌はヌメリ部分を好むため、浴槽用洗剤を使用してヌメリが残らないように掃除する。
  • 追い炊き機能のある風呂や、24時間風呂では専用の洗浄剤を使用し、定期的に配管を洗浄する。

加湿器

  • タンクの水は毎日交換する。
  • ヌメリが生じないよう、タンクを定期的に洗う。
  • 長時間使用しないときは水を抜き、乾燥させる。

細かい水や土ぼこりからの感染を防ぐには

・洗車や高圧洗浄機の利用、ガーデニングなど、細かい水滴やほこりを吸い込む可能性がある作業では、マスクを付ける。

(詳細はこちら)
群馬県感染症情報 (群馬県衛生環境研究所)

桐生保健福祉事務所へ戻る

このページについてのお問い合わせ

桐生保健福祉事務所
〒376-0011 桐生市相生町2-351
電話 0277-53-4131
FAX 0277-52-1572
E-mail kirihofuku@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。