本文へ
表示モードの切替
印刷

児童虐待について

児童相談所の画像

児童虐待について

 児童虐待は、子どもの成長に重大な影響を及ぼすだけでなく、生命の危険を伴うこともあります。

 虐待の疑いのある子どもを見つけたら、児童相談所または市町村にご連絡ください。

子どもを虐待から守るための5か条

  1. 「おかしい」と感じたら迷わず連絡(通告)
  2. 「しつけのつもり…」は言い訳(子どもの立場で判断)
  3. ひとりで抱え込まない(あなたにできることから即実行)
  4. 親の立場より子どもの立場(子どもの命が最優先)
  5. 虐待はあなたの周りでも起こりうる(特別なことではない)

身体的虐待

  • 殴る、蹴る、首を絞める
  • タバコや熱湯で火傷をさせる
  • おぼれさせる
  • 拘束する
  • 家の外に閉め出す など

ネグレクト

  • 食事を与えない
  • 衣服や住居などが極端に不適切
  • 学校に登校させない
  • 病院に連れて行かない
  • 家や自動車に残したまま、長時間放置する など

性的虐待

  • 性的暴行を加える
  • 性的行為を強要する
  • 性器や性交を見せる
  • ポルノの被写体を強要する など

心理的虐待

  • 言葉で脅す
  • 傷つくことを繰り返し言う
  • 無視したり、拒否的な態度を示す
  • 他のきょうだいと著しく差別的な扱いをする
  • 子どもの目の前で家族に暴力をふるう など

問い合わせ先

群馬県中央児童相談所 電話 027-261-1000

群馬県西部児童相談所 電話 027-322-2498

群馬県東部児童相談所 電話 0276-57-6111

詳しくは児童相談所一覧へ

このページについてのお問い合わせ

中央児童相談所
〒379-2166 前橋市野中町360番地1
電話 027-261-1000
FAX 027-261-7333
E-mail chuuji@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。