本文へ
表示モードの切替
印刷

広汎性発達障害(PDD)とは

三つの主要な特性

 広汎性発達障害は、基本的に次の3つの障害特性を持ち、生活上の広汎な領域に障害が現れ、特性の強弱・程度は、一人一人異なります。
 知的障害がない場合、高機能自閉症と呼ばれたり、言葉の遅れが目立たない場合、アスペルガー症候群と呼ばれることもありますが、いずれも広汎性発達障害に含まれます。
 なお、近年、診断基準の改定によりDSM-5(米国医学会による精神疾患の診断・統計マニュアル)を利用する医療機関では、自閉スペクトラム症(ASD)という診断名が用いられるようになってきています。

社会性(対人関係)の困難

  • 周りの人に関心を示さない、逆に人との関わりを積極的に求めるが一方的になってしまうなど、相互的な対人関係を築くことが難しい。
  • 場の空気が読めないなど、周囲の状況を理解し、その場にあった言動をとることが難しい。
  • 悪気がなく相手の気分を害することを言ってトラブルになったり、孤立してしまったりするなど、相手の気持ちや、立場を理解することが難しい。

コミュニケーションの困難

  • 幼児期に、言葉の遅れがある、独り言が多い、意味のない言葉を繰り返す、オウム返しがある。
  • 語いが多く、よく話す人もいるが、言葉の意味を正しく理解していない。
  • ことばを字義どおりに解釈して冗談・比ゆ等が通じない、あいまい・抽象的な表現が理解できないなど、言葉での意思のやりとりが難しい。
  • 表情や身振りで、相手の意思や感情を理解したり、自分の意思を伝えたりすることが難しい。

想像の困難、こだわり等

  • 先を見通すことができず不安なため、いつもどおりや、自分なりに決めた方法・順序等にこだわる。
  • 初めての場所が苦手であったり、突然の予定変更にパニックを起こしたりする。
  • 幼児期に、おもちゃ等で独特の遊び方をする。例:回転する物(扇風機、換気扇等)に強い関心を示し、おもちゃの車でも、タイヤをぐるぐる回転させ、じっと眺めている。
  • 興味のあることにこだわり、異常なほど熱中する。
  • ある行動を終わりにして、次の行動へ切り替えることがなかなかできない。
  • 過去のいじめ等、嫌な体験を現在のことのように思い出して、気持ちが不安定になる。

その他の特性

 人によっては、次のような特性を持っていることもあります。

感覚の過敏、鈍感

  • 雷鳴等、突然の大きな音を異常に怖がる。
  • 人が大勢いて騒がしい中では、相手の話を聞き分けることができない、その場にいられないほど不快になる。
  • 食べ物の好き嫌いが激しい。
  • 特定の臭い、光が苦手。
  • 寒暖の変化に気づきにくく、服装の調節をしない。
  • 体を触られるのを極端に嫌う。

運動等が苦手

  • ボール遊びや縄跳び等、運動が苦手。
  • 体の動きがぎこちなく、転倒したり、手足をドアや家具等にぶつけたりすることが多い。
  • ハサミを使うのが苦手など、手先が不器用。

群馬県発達障害者支援センターへ戻る

このページについてのお問い合わせ

発達障害者支援センター
〒371-0843 前橋市新前橋町13-12
電話 027-254-5380
FAX 027-254-5383
E-mail hatsutatsuse@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。