本文へ
表示モードの切替
印刷

GLP

 近年、食品の生産・加工等の技術が多様化し、流通も広域化していることから、食品の検査においても高度な分析技術が必要とされています。

 食品安全検査センターでは、国の通知に基づき策定された「群馬県食品衛生検査施設業務管理要綱」に従って、試験検査の信頼性を確保するため、GLP(Good Laboratory Practiceの略)「食品衛生検査施設の業務管理」と呼ばれるシステムを導入しています。

 GLPとは、検査施設ごとに運営管理、試験設備、試験計画、内部監査体制、信頼性保証体制、試験結果等に関する基準への適合性を確認し、試験成績の信頼性を確保するものです。

体制

 検査センターのGLP組織は、検査を実際に行う「検査部門」と検査の信頼性確保を担当する「信頼性確保部門」に分かれています。さらに検査部門は担当する業務によって、理化学検査及び微生物検査に区分されています。

 各部門ごとには「部門責任者」が配置されています。さらに検査部門では、検査区分ごとに検査を担当する「検査員」と、得られた検査結果が適正か確認する「検査区分責任者」が配置され役割分担を明確化しています。

GLP上の組織図画像

 検査部門で行われる試験検査は標準作業書(SOP)に従って実施され、その内容が記録・保管されています。

 また、試験検査の精度の監視と向上のために、施設内での精度管理(内部精度管理)に取り組んでいます。また、外部機関が実施する精度管理調査にも積極的に参加し信頼性の確保に努めています。

 信頼性確保部門は、検査部門とは独立して設置され、検査部門に対して内部点検及び精度管理等を行っています。

食品安全検査センターのトップページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

食品安全検査センター
〒371-0052 前橋市上沖町378
電話 027-234-5256
FAX 027-234-8438
E-mail shokukensa@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。