本文へ
表示モードの切替
印刷

病害虫発生予察情報 第5号(令和元年8月予報)

予報の概要

予報の概要一覧
作物名 病害虫名 対象地域名 発生時期 発生量
イネ いもち病(穂いもち) 早期・早植栽培地帯  
いもち病(葉・穂いもち) 普通期栽培地帯  
紋枯病 早期・早植栽培地帯  
普通期栽培地帯  
縞葉枯病 感受性品種栽培地帯  
イチモンジセセリ第2世代幼虫(イネツトムシ) 普通期栽培地域  
セジロウンカ 栽培地帯全域  
斑点米カメムシ類 早期・早植栽培地帯  
普通期栽培地帯  
フタオビコヤガ 栽培地帯全域   やや少
果樹全般 カメムシ類(チャバネアオカメムシ) 栽培地帯全域  
ハダニ類 栽培地帯全域  
リンゴ 斑点落葉病 栽培地帯全域  
炭そ病 栽培地帯全域  
スモモヒメシンクイ 栽培地帯全域  
キンモンホソガ 栽培地帯全域  
ハマキムシ類 栽培地帯全域  
ナシ 黒星病 栽培地帯全域  
ナシヒメシンクイ 栽培地帯全域  
ダイズ
野菜類
花き類
ハスモンヨトウ 平坦地域  
野菜類
花き類
オオタバコガ 栽培地帯全域  
キャベツ コナガ 高冷地栽培地域  
夏秋ナス ハダニ類 栽培地帯全域  
アザミウマ類 栽培地帯全域  
ネギ シロイチモジヨトウ 栽培地帯全域   やや多
ネギアザミウマ 栽培地帯全域  
レタス 腐敗病 山間高冷地帯   やや多
軟腐病 山間高冷地帯   やや多

※ 発生時期の空欄は、連続発生を意味する。

主な病害虫の発生予報

1 イネ

いもち病
対象 発生地域 発生時期 発生量
いもち病(穂いもち) 早期・早植栽培地帯  

1 予報の根拠

  1. 現在までのいもち病(葉いもち)の発生は、早期栽培地帯では平年並、早植栽培地帯では平年並だが一部でやや多くなっている。
  2. 7月中旬に実施したいもち病(葉いもち)発生状況調査の結果、県平均の発生は平年より少なく、各地点の発生程度は「無」または「少」で、ずりこみ症状や多数の病斑、上位葉での病斑の形成は認められなかった(令和元年7月25日発表 発生予察情報)。
  3. 向こう1か月の気象予報(8月1日発表)によると、平年に比べ晴れの日が多く、平均気温は高い確率60%、日照時間は平年並または多い確率ともに40%である。

《発生しやすい条件:気温が25度前後で、葉いもちの発生が多く、特に上位葉への病斑の形成が多い場合。また、出穂期頃の降雨は胞子形成を多くし、多発させることが多い。》

2 防除上注意すべき事項

  1. 穂いもちの防除適期は穂ばらみ期~出穂期である。防除を行う場合は防除適期を逃さないように注意する。
  2. BLASTAM(ブラスタム:アメダスを利用した葉いもち発生予察モデル)によると、沼田では7月29日まで、中之条では7月27日まで葉いもちに感染しやすい日(感染好適日)が予測されている。葉いもちは、感染してから発病まで約1週間かかるので、8月上旬まで葉いもちの発病に備えてほ場の見回りなど注意する。
いもち病
対象 発生地域 発生時期 発生量
いもち病(葉・穂いもち) 普通期栽培地帯  

1 予報の根拠

  1. 現在までのいもち病(葉いもち)の発生は、普通期栽培地帯では概ね平年並である。
  2. 7月中旬に実施したいもち病(葉いもち)発生状況調査の結果、県平均の発生は平年より少なく、各地点の発生程度は「無」または「少」で、ずりこみ症状や多数の病斑、上位葉での病斑の形成は認められなかった(令和元年7月25日発表 発生予察情報)。
  3. 向こう1か月の気象予報(8月1日発表)によると、平年に比べ晴れの日が多く、平均気温は高い確率60%、日照時間は平年並または多い確率ともに40%である。

《発生しやすい条件:葉いもち…平均気温19~25度で、降雨頻度が高く、多湿であること。夜間の風が弱く、朝露の乾きが遅く、イネが軟弱徒長気味で葉色が濃い場合。
 穂いもち…気温が25度前後で、葉いもちの発生が多く、特に上位葉への病斑の形成が多い場合。また、出穂期頃の降雨は胞子形成を多くし、多発させることが多い。》

2 防除上注意すべき事項

  1. 特にイネの葉色が濃い場所や水口等、葉いもちが発生しやすい箇所をよく観察し、早期発見に努める。
  2. 発生を認めたら直ちに薬剤散布を行う。
  3. 補植用等の取り置き苗は、葉いもちの発生源になりやすいので、すみやかに処分する。
  4. 穂いもちの防除適期は穂ばらみ期~出穂期である。防除を行う場合は防除適期を逃さないように注意する。

3 いもち病(葉いもち)とBLASTAM

BLASTAM(ブラスタム)は、アメダスデータから葉いもちに感染しやすい日(感染好適日)を予測する発生予察モデルです。

 葉いもちは感染してから発病(目に見える)まで約1週間かかります。
 そのため、BLASTAMで予測された感染しやすい日(感染好適日)の約1週間後が、葉いもちが発病したり増加したりする危険性が高まる日になります。その時期にほ場の見回りなど注意が必要になります。感染好適日が多かったり、連続したりすると葉いもちの発生が多くなることがあるので特に注意が必要です。
 ただし、実際の葉いもちの発生は、(1)菌の量、(2)イネの品種、(3)薬剤防除の状況、(4)ほ場条件などいくつもの要因が関与しています。
そのため、BLASTAMの結果は、「感染好適日の約1週間後が危ないぞ!」という、葉いもち警戒の参考の1つとして活用します。

紋枯病
発生地域 発生時期 発生量
早期・早植栽培地帯  
普通期栽培地帯  

1 予報の根拠

  1. 前年の発生量は平年よりやや多い。
  2. 現在までの発生量は平年並である。
  3. 向こう1か月の気象予報(8月1日発表)によると、平年に比べ晴れの日が多く、平均気温は高い確率60%、日照時間は平年並または多い確率ともに40%である。

《発生しやすい条件:前年の発生量が多い場合。高温(適温28~32度)、多湿、多肥栽培で生育が旺盛な場合。》

2 防除上注意すべき事項

  1. 薬剤防除は株元まで到達するように散布する。
  2. 特に昨年発生が多かったほ場では、前年のイネで形成された菌核がほ場にとどまり次作の伝染源となり発生しやすい条件となるため注意する。
縞葉枯病
発生地域 発生時期 発生量
感受性品種栽培地帯  

1 予報の根拠

  1. 現在までの発生量は、平年並である。
  2. 7月6半旬に県内21地点(定点)で行ったイネ作付ほ場におけるヒメトビウンカのすくい取り調査の内、平年値と比較できる17地点では、6地点で平年より多かったが、9地点で平年より少なく、発生は平年より少なかった(令和元年8月発表予定 発生予察情報)。
  3. 平成31年2月に採取したヒメトビウンカ越冬世代のイネ縞葉枯ウイルス(RSV)保毒虫率の県平均は3.9%で、過去10年の平均値2.6%よりやや高いが、昨年度の県平均の3.8%並であった(平成31年4月10日発表 発生予察情報)。
  4. 予察灯におけるヒメトビウンカの誘殺数は、前橋市江木町で平年より多く、館林市当郷町で平年より少なく、富岡市中高瀬と沼田市下沼田で平年並である。

《発生しやすい条件:ヒメトビウンカのRSV保毒虫率が高く、ヒメトビウンカの発生量が多い場合。》

2 防除上注意すべき事項

  1. 本田におけるヒメトビウンカの発生が多い場合は、本田防除を行う。
  2. 箱施用剤を使用したほ場で本田散布を行う場合は、同一系統の薬剤の連用を避ける。
  3. 発病株は伝染源となるので、早急に抜き取り処分する。
斑点米カメムシ類
発生地域 発生時期 発生量
早期・早植栽培地帯  
普通期栽培地帯  

1 予報の根拠

  1. 7月6半旬の斑点米カメムシ類定点すくいとり調査の結果、主要斑点米カメムシであるクモヘリカメムシ・ホソハリカメムシの捕獲数は、水田内では捕獲されず、畦畔又は休耕地でもほとんど捕獲されず、平年並である。(令和元年8月発表予定 発生予察情報)。
  2. 7月の予察灯調査の結果、クモヘリカメムシ・ホソハリカメムシは誘殺されず、平年並である。
  3. 向こう1か月の気象予報(8月1日発表)によると、平年に比べ晴れの日が多く、平均気温は高い確率60%、日照時間は平年並または多い確率ともに40%である。

《発生しやすい条件:高温、少雨の場合。栽培地帯の中でも出穂が早いほ場。》

2 防除上注意すべき事項

  1. 出穂期~収穫期の畦畔、休耕地等の草刈りは、斑点米カメムシ類を水田に追い込み、被害を助長する場合がある。出穂2週間前以降の除草は控える。
  2. 防除適期は穂揃期~出穂後10日である。その後も斑点米カメムシ類の生息が認められた場合は、7~10日間隔で追加防除を行う。
  3. 周辺より出穂が早い水田は、被害が集中する場合があるので注意する。
  4. 薬剤散布を実施する場合は、広域的に一斉に行うと効果が高い。

2 果樹類全般

カメムシ類
(チャバネアオカメムシ)
発生地域 発生時期 発生量
栽培地帯全域  

1 予報の根拠

  1. 7月のフェロモントラップ調査による誘殺数は、高崎市高浜の上旬で平年を上回ったが、その後減少した。その他の地点では平年並~やや少ない。
  2. 7月の予察灯による誘殺数は、平年並である。
  3. 向こう1か月の気象予報(8月1日発表)によると、平年に比べ晴れの日が多く、平均気温は高い確率60%、日照時間は平年並または多い確率ともに40%である。

《発生しやすい条件:発生しやすい条件:越冬世代の発生量が多く、スギ・ヒノキ球果が少ない年は、果樹園への飛来数が多くなる。》

2 防除上注意すべき事項

  1. 果樹カメムシ類の飛来状況は園によって差があるため、園内をこまめに見回り早期発見に努め、飛来を認めたら早急に防除を行う。特に夜間の最低気温が18度を越えると飛来する可能性が高いので注意する。
  2. 7月に飛来の少なかった地域でも、ヒノキ林で増殖した第一世代が8月以降に飛来する可能性があるので注意する。
  3. カメムシ類は夜行性であるため、夕方や活動の鈍い早朝に薬剤散布を行うと効果的である。
ハダニ類
発生地域 発生時期 発生量
栽培地帯全域  

1 予報の根拠

  1. 現在までの発生量は、平年並である。
  2. 向こう1か月の気象予報(8月1日発表)によると、平年に比べ晴れの日が多く、平均気温は高い確率60%、日照時間は平年並または多い確率ともに40%である。

 《発生しやすい条件:気温が高く、雨が少なく乾燥している場合。》

2 防除上注意すべき事項

  1. 現在までの県全体の発生量は平年並であるが、一部増加している地域があるので、よくほ場を観察して注意する。
  2. ハダニ類は非常に繁殖能力が高く、高密度になると防除が困難になるので、早期発見に努める。
  3. 薬剤散布は丁寧に行う。特にほ場の周縁部など薬液のかかりにくい部分に対しては、手散布などを行う。また、雑草に寄生するハダニは草刈り後は樹上に移動するため、草刈り後の1~2日以内の薬剤散布が効果的である。
  4. 薬剤抵抗性の発達を防ぐため、同一系統の薬剤を続けて散布しない。

3 野菜類・花き類

オオタバコガ
発生地域 発生時期 発生量
栽培地帯全域  

1 予報の根拠

  1. 現在までのフェロモントラップ調査による誘殺数は平年並である。
  2. 現在までの発生量は平年並である。

2 防除上注意すべき事項

  1. ほ場をよく観察し、早期発見に努め、若齢幼虫のうちに防除を行う。
  2. 施設開口部は防虫ネットで被覆し、成虫の侵入を防ぐ。
  3. ほ場および周辺の雑草は除去する。

4 キャベツ

コナガ
発生地域 発生時期 発生量
高冷地栽培地域  

1 予報の根拠

  1. 嬬恋村のフェロモントラップ調査による誘殺数は平年並である。
  2. 向こう1か月の気象予報(8月1日発表)によると、平年に比べ晴れの日が多く、平均気温は高い確率60%、日照時間は平年並または多い確率ともに40%である。

《発生しやすい条件:少雨条件で発生が助長される。》

2 防除上注意すべき事項

  1. 梅雨入り前まで発生量はやや多く、梅雨入り後の曇雨天で平年並となった。梅雨明けに伴い、寄生虫数の増加、被害の拡大が懸念されため、ほ場をよく観察する。
  2. 生育初期の防除を徹底し、初期密度を下げることにより、生育期中盤の被害拡大を防止するとともに、生育期終盤に発生する次世代の密度低減を図る。
  3. 薬剤抵抗性の発達を防ぐためにも、同一系統薬剤の連続散布を避ける。本県ではジアミド系殺虫剤抵抗性を持った個体が確認されているため、薬剤の選択には注意をする。
  4. アブラナ科雑草にも寄生するので、ほ場周辺の雑草を除去する。
  5. 収穫残さは増殖源になるので、速やかに片付ける。

5 夏秋ナス

ハダニ類
発生地域 発生時期 発生量
栽培地帯全域  

1 予報の根拠

  1. 現在までの発生量は平年並である。
  2. 向こう1か月の気象予報(8月1日発表)によると、平年に比べ晴れの日が多く、平均気温は高い確率60%、日照時間は平年並または多い確率ともに40%である。

《発生しやすい条件:気温が高く、雨が少なく乾燥している場合。》

2 防除上注意すべき事項

  1. 発生量が高密度になると防除が困難となるので、早期発見及び早期防除に努める。
  2. 薬剤抵抗性の発達を防ぐため、同一系統薬剤の連続散布を避ける。
  3. 薬剤抵抗性の発達しにくい気門封鎖剤を活用する。ハダニに直接薬液が付着しないと殺虫効果がないので、かけむらがないよう丁寧に散布する。
  4. 株が繁茂すると薬剤散布の際に薬液がかかりにくくなるので、適度に整枝摘葉をおこなう。除去した枝葉は、ほ場外に持ち出して適正に処分する。

6 ネギ

シロイチモジヨトウ
発生地域 発生時期 発生量
栽培地帯全域   やや多

1 予報の根拠

  1. 現在までのフェロモントラップ調査による誘殺数は、一部地域でやや多い。
  2. 現在までのネギでの発生は、一部地域でやや早い。

2 防除上注意すべき事項

  1. ほ場をよく観察し、早期発見に努め、卵塊や若齢幼虫の集団を見つけたら、速やかに取り除き、ほ場外で処分する。
  2. 薬剤による防除は、中老齢幼虫では薬剤感受性は低下し、ネギでは葉の内部に潜り込むと効果が低下するので、若齢期に行う。
  3. 薬剤抵抗性の発達を防ぐため、同一系統薬剤の連続散布を避ける。
  4. 本虫の発生量は近年増加傾向にあり、本年は県内の一部で平年より早く発生が確認されていることから、ほ場をよく観察し、防除適期を逃さないよう注意する。

7 レタス

腐敗病
発生地域 発生時期 発生量
山間高冷地帯   やや多

1 予報の根拠

  1. 現在までの発生量は平年並だが、増加傾向にある。
  2. 向こう1か月の気象予報(8月1日発表)によると、平年に比べ晴れの日が多く、平均気温は高い確率60%、日照時間は平年並または多い確率ともに40%である。

《発生しやすい条件:発生適温は20~30度、高温多湿の場合。》

2 防除上注意すべき事項

  1. 多湿により発生が助長されるため、ほ場の排水をよくする。
  2. 耐性菌の発生を防ぐため、同一系統の薬剤を続けて散布しない。
軟腐病
発生地域 発生時期 発生量
山間高冷地帯   やや多

1 予報の根拠

  1. 現在までの発生量は、レタス、キャベツで平年よりやや多い。
  2. 向こう1か月の気象予報(8月1日発表)によると、平年に比べ晴れの日が多く、平均気温は高い確率60%、日照時間は平年並または多い確率ともに40%である。

《発生しやすい条件:本病原細菌の生育適温は30度前後、高温多湿条件で発生しやすい。主に風雨等による茎葉のこすれ、害虫による食害痕、摘葉等の管理作業に伴う傷口から病原細菌が侵入・感染する。》

2 防除上注意すべき事項

  1. 雨水がたまりやすいほ場は排水溝を掘り、ほ場の排水に努める。
  2. 降雨によってはね上がった土の飛沫が作物の傷口に付着することで感染が助長されるため、特に台風などによる強風雨、長雨後は適用薬剤による防除をおこなう。
  3. 被害残さは感染源となるため、被害株は速やかに抜き取り、ほ場の外に持ち出し適切に処分する。
  4. 耐性菌の発生を防ぐため、同一系統の薬剤を続けて散布しない。

その他の病害虫の発生予報

その他の病虫の発生予察情報一覧
作物名 病害虫名 発生時期 発生量 特記事項
イネ イチモンジセセリ第2世代幼虫(イネツトムシ)   現在までの発生量は平年並。
青色誘引捕獲器への誘殺数は平年並であるが、最近の8年に比べて多く誘殺されており、注意が必要である。
セジロウンカ   7月6半旬のすくい取り調査では平年並、7月の予察灯調査では平年より少ないが、8月に飛来のピークを迎えるので注意が必要である。
フタオビコヤガ   やや少 現在までの発生量は平年並。
予察灯調査・フェロモントラップ調査による誘殺数は、平年より少ない。
リンゴ 斑点落葉病   現在までの発生量は平年並。
炭そ病   現在までの発生量は平年並。
高温多湿条件で発生しやすく、特に果実の濡れ時間が長いと感染しやすいので注意する。
スモモヒメシンクイ   フェロモントラップ調査による誘殺数は平年並。スモモヒメシンクイの重点防除時期は、リンゴ園への飛来が多くなる7月下旬~9月上旬である。
キンモンホソガ   フェロモントラップ調査による誘殺数は平年よりやや多いが、ほ場の発生量は平年並。
ハマキムシ類   現在までの発生量は平年並。
ナシ 黒星病   現在までの発生量は平年並。
ナシヒメシンクイ   フェロモントラップ調査による誘殺数は平年並。
ダイズ
野菜類
花き類
ハスモンヨトウ   フェロモントラップ調査による誘殺数は平年並。
現在までの発生量は平年並。
夏秋ナス アザミウマ類   現在までの発生量は平年並。
高温乾燥条件で発生が助長されるので、注意する。
ネギ ネギアザミウマ   現在までの発生量は平年並。

農業技術センターへ戻る

発生予察情報一覧へ戻る

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

農業技術センター 環境部
〒379-2224 伊勢崎市西小保方町493
電話 0270-62-1059
FAX 0270-20-8016
E-mail nogisen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。