本文へ
表示モードの切替
印刷

ヤリタナゴの人工採卵を行いました!

 ヤリタナゴ(写真1)は、県内に生息する唯一の在来タナゴで、生息地は藤岡市の一部に限られています。県の動物レッドリストでは絶滅危惧1A類に指定され、生息地である藤岡市の天然記念物にもなっています。水産試験場では、希少種であるヤリタナゴの保護増殖のため、4月上旬から5月中旬にかけて人工採卵を行いました。自然のヤリタナゴは、外敵から身を守るためマツカサガイ等の二枚貝の中に産卵しますが、人工採卵では、メスから採卵した卵(写真2)とオスから採取した精子をシャーレの中で受精させます。受精卵は3日程度でふ化します。

産卵期のヤリタナゴの写真1
写真1 産卵期のヤリタナゴ(左:メス、右:オス)
人工採卵の様子写真
写真2 人工採卵の様子

このページについてのお問い合わせ

水産試験場
〒371-0036 前橋市敷島町13
電話 027-231-2803
FAX 027-231-2135
E-mail suishi@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。