本文へ
表示モードの切替
印刷

令和3年度ぐんま農業新技術(水産分野)

概要

 コクチバスの駆除において、産卵床の探索にドローンを導入すると、目視が困難な場所に造成された産卵床の発見が可能となり、産卵床発見数が1.5倍に増加します。
 今後は、AI(ディープラーニングなど)の利用により、精度の高い自動検出技術の確立を目指します。

産卵床の探索にドローンを導入

図1 産卵床の探索にドローンを導入の画像
図1 産卵床の探索にドローンを導入

結果

図2 画像からの発見例(左)と手法別発見数(右)の画像
図2 画像からの発見例(左)と手法別発見数(右)

まとめ

図4 産卵床発見数の比較の画像
図4 産卵床発見数の比較

このページについてのお問い合わせ

水産試験場
〒371-0036 前橋市敷島町13
電話 027-231-2803
FAX 027-231-2135
E-mail suishi@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。