本文へ
表示モードの切替
印刷

アユの冷水病保菌検査を行っています。

水産試験場では中間育成業者へアユを出荷する前に、冷水病保菌検査を実施しています。
保菌検査で陰性が確認された種苗は、中間育成業者に出荷されます(※注)。

検査部位であるエラの採取の画像
写真1 検査部位であるエラの採取
PCR法による遺伝子検査の画像
写真2 PCR法による遺伝子検査

(※注)群馬県では、アユ冷水病の発生を防止することを目的に「アユ冷水病防疫対策指針 群馬県版」を策定しています。種苗導入や放流の際には、事前に冷水病保菌検査を実施し、陰性種苗であることを条件としています。

このページについてのお問い合わせ

水産試験場
〒371-0036 前橋市敷島町13
電話 027-231-2803
FAX 027-231-2135
E-mail suishi@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。