本文へ
表示モードの切替
印刷

ぐんまの農業研究と普及活動 第32号(平成28年10月)

 ”ぐんまの農業研究と普及活動”は、農政部の試験研究機関が開発した最新技術と普及指導機関の各地域における課題解決の取り組みを紹介している冊子です。

乳用牛への国産飼料多給型発酵混合飼料(TMR)の給与

 飼料用稲ホールクロップサイレージ(WCS)、オオムギWCSおよび飼料用米等の国産飼料原料を85%以上とする発酵TMRで輸入飼料原料と遜色ない乳生産が可能であり、輸入飼料への依存を大幅に削減できることが明らかになりました。

 乳用牛への国産飼料多給型発酵TMRの給与(PDF:115KB)

飼料用玄米を主体とした採卵鶏幼雛用飼料

 飼料用玄米を主体とした採卵鶏幼雛用飼料は、通常の幼雛用飼料より低タンパク質でも、採卵鶏発育指標値と同等以上の発育成績を得ることができます。

 飼料用玄米を主体とした採卵鶏幼雛用飼料(PDF:131KB)

畜産試験場トップページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

畜産試験場
〒371-0103 前橋市富士見町小暮2425
電話 027-288-2222
FAX 027-288-2243
E-mail chikushi@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。