本文へ
表示モードの切替
印刷

ぐんま農業新技術

 ぐんま農業新技術は、畜産試験場の研究成果のうち、生産者等に直ちに技術移転できる技術です。

概要は、ぐんま農業新技術に掲載しています。

令和2年度

令和2年度 ぐんま農業新技術は、下記のとおりです。

1.高速高精度汎用播種機を利用した飼料作物栽培技術

2.ゲノミック評価を活用した黒毛和種繁殖雌牛の選抜と改良

令和元年度

令和元年度 ぐんま農業新技術の、項番9が畜産試験場の新技術です。

9.飼料用米を利用した離乳期子豚用飼料費の削減

平成30年度

平成30年度 ぐんま農業新技術の、項番10から項番11が畜産試験場の新技術です。

10.卵胞刺激ホルモン1回投与による過剰排卵誘起法
11.黒毛和種肥育牛におけるゲノミック評価を活用した枝肉成績の予測

平成29年度

平成29年度 ぐんま農業新技術の、項番9が畜産試験場の新技術です。

9.オオムギソフトグレインサイレージの省力調製技術

平成28年度

平成28年度 ぐんま農業新技術の、項番11から項番15が畜産試験場の新技術です。

11.温暖化と獣害軽減に対応した新たな飼料作物生産体系
12.乳用牛における自給飼料多給型発酵TMRの給与技術
13.雌選別精液の深部注入によるホルスタイン種経産牛の受胎率向上
14.新たな「上州地鶏」の能力と特徴
15.飼料用玄米を主体とした採卵鶏幼雛用飼料

平成27年度

平成27年度 ぐんま農業新技術の、項番13から項番14が畜産試験場の新技術です。

13.黒毛和種雌牛の育成期の適正な栄養管理による収益向上
14.採卵鶏の長期飼育下における適正飼育期間の推定

平成26年度

平成26年度 ぐんま農業新技術の、項番12から項番16が畜産試験場の新技術です。

12.受精卵移植により生産された黒毛和種子牛における乳用種加熱初乳の給与効果
13.国産飼料原料を活用した黒毛和種去勢育成牛への発酵TMR給与
14.新型注入器(モ5号)を用いた人工授精および受精卵移植の受胎率向上
15.手持ち屈折計による簡易な鶏卵卵白の評価法
16.肉用鶏初生ヒナの餌付け段階における飼料摂取と飲水確認で生産性向上

平成25年度

平成25年度 ぐんま農業新技術の、項番12から項番15が畜産試験場の新技術です。

12.飼料用籾米および食品製造副産物の乳牛への給与技術
13.国産飼料原料を利用した低価格養鶏飼料の開発
14.トウモロコシ不耕起播種機を利用した飼料作物の低コスト栽培
15.牛ふん堆肥と液肥を活用した飼料用イネ・オオムギ二毛作栽培体系における高収量生産技術

平成24年度

平成24年度 ぐんま農業新技術の、項番15から項番20が畜産試験場の新技術です。

15.飼料用米およびバイオエタノール発酵残さを活用した肉牛肥育用発酵TMR
16.黄体ホルモン投与によるホルスタイン種経産牛の受胎率向上
17.離乳子豚における飼料用米を利用した飼料費の削減
18.赤玉鶏の産卵個数と鶏卵品質を安定的に回復させるための休産誘導前制限給餌
19.飼料用籾米の採卵鶏への給与技術
20.葉色カラースケール(水稲用)を利用した飼料用オオムギの簡易収穫適期判断

平成23年度

平成23年度 ぐんま農業新技術の、項番21から項番25が畜産試験場の新技術です。

21.高泌乳牛への TMR飼料による飼料用米多給技術
22.生米ぬか給与によるオレイン酸割合の高い牛肉生産技術
23.飼料用米の離乳子豚への給与効果
24.産卵後期の定量給餌による飼料節減技術
25.自給飼料サイレージと食品製造副産物を主原料とした発酵TMRの調製技術と特性

畜産試験場トップページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

畜産試験場
〒371-0103 前橋市富士見町小暮2425
電話 027-288-2222
FAX 027-288-2243
E-mail chikushi@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。