本文へ
表示モードの切替
印刷

ぐんまの農業研究と普及活動 第29号(平成27年10月)

 ”ぐんまの農業研究と普及活動”は、農政部の試験研究機関が開発した最新技術と普及指導機関の各地域における課題解決の取り組みを紹介している冊子です。

採卵鶏の長期飼育下における適正飼育期間の推定

 採卵鶏を長期飼育した場合、最も利益が高まると推定される飼育期間は、鶏卵を重量取引する場合は飼料要求率が最も低くなる週齢です。鶏卵を個数取引する場合は、LL-MS規格卵1個あたりの飼料摂取量が最も低くなる週齢です。

 採卵鶏の長期飼育下における適正飼育期間の推定(PDF:206KB)

雌選別精液の利用によるホルスタイン種の牛群改良と収益向上

 酪農において雌選別精液を利用すると牛群の更新に必要な雌牛を計画的に確保でき、牛群改良が促進されるとともに、後継牛生産用の母牛以外には付加価値が高い和牛受精卵を積極的に利用することで、収益性の向上が期待できます。

 雌選別精液の利用によるホルスタイン種の牛群改良と収益向上(PDF:122KB)

畜産試験場トップページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

畜産試験場
〒371-0103 前橋市富士見町小暮2425
電話 027-288-2222
FAX 027-288-2243
E-mail chikushi@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。