本文へ
表示モードの切替
印刷

桐生市及びその周辺地域

森山芳平顕彰碑

森山芳平顕彰碑の写真

 森山芳平は桐生織物発展期の三功労者の一人として知られる。安政元年(1854年)に桐生に生まれ、15歳で機業を継いだが、岩倉使節団が持ち帰った織物見本の精巧さに驚き、これを機に織物改良に尽くした。明治10年の内国勧業博覧会に出品されたジャカード機を購入し、桐生ではじめてジャカードによる紋織試作に努めた。また、前橋に医学校が設立されると、9里の道を毎週土曜日に化学の勉強のために小山健三郎教授を訪ね、化学染色技術を習得した。明治17年には、農商務省技師の山岡次郎を招聘し、桐生足利地域に化学染色法を普及させた。明治18年、繭糸織物陶漆器共進会の審査会となり、全国の織物技術の向上に力を注ぎ、羽二重の輸出を手がける。明治19年、桐生織物伝習所を設立、染織技術者の育成に努めた。森山芳平は、国内・海外の博覧会に織物を出品し、桐生織物の名声に寄与した。また、織物技術普及のため芳平及び弟子を福井、米沢、福島各地で技術指導を行った。特に弟子の一人高力直寛は福井産地の振興に寄与した。明治35年には東宮殿下(後の大正天皇)が桐生にお越しになった際、予定外に森山芳平宅を訪問されたという。この顕彰碑は、森山芳平親子の業績を称えるため、高力直寛が発起人となり密かに建立の運びとなったが、完成後、芳平は激怒して見えないよう周囲に桧を植え隠してしまったという。現在、桧は刈られ、森山家の裏庭にひっそり建っている。

所在地  桐生市東2丁目14-27

旧森山芳平工場跡

旧森山芳平工場跡の写真

 桐生織物発展期の三功労者の一人である森山芳平氏が明治15年頃に建てたと言われる。ただし、戦時中のときに現在地に移転した。建物の構造は、南口に広く開口部が開けられており、内部には立派な天井が張られている。森山家によれば、隣地に建っていた学校が、学校移設のため工場として転用されたたとの話もあり、以前は学校であった可能性もある。一時、倉庫として使用されていたものを修復し、現在は音楽教室「AIM」として利用されている。

所在地 桐生市東2丁目14-27

佐羽喜六君之碑

佐羽喜六君之碑の写真

 佐羽喜六は、安政5年(1858年)下野国足利郡葉鹿村(現足利市坂西町)の青木家に生まれた。11歳で江戸の書家高林二峯に入門して学を身につけた。14歳で桐生新町の豪商佐羽吉右衛門に仕えたのち、才能を見込まれ婿として佐羽氏を継いだ。佐羽家は代々絹買を行ってきたが、喜六は殖産興業にも志し、桐生織物の改良を行い、羽二重や甲斐絹を製織して桐生輸出織物の先駆者となった。明治になり、ジャカード技術が入ってくると、桐生は明治10年から機械を購入するが、喜六は明治19年アメリカに渡り、900口と600口のジャカードを1台づつ購入し、桐生へ輸出した。900口は森山芳平が600口は加藤正一が購入した。明治20年、佐羽商店は他国の製品、特に南京繻子の輸入を防ぐ目的で日本織物株式会社を設立し、工場用水路などの建設を進めた。敷地9万坪、総工費50万円。明治初めに国が建設した富岡製糸場の2倍強ととてつもない大工場であった。このとき、喜六はヨーロッパ、アメリカに渡り、タービン水車1機、撚糸機械などを買い入れ、明治23年事業を開始した。喜六は後進の養成にも力を入れ、明治28年桐生織物学校の設立に尽力した。一時は南京繻子をしのぐなどの勢いのあった会社も最大の出資元の佐羽家が過剰投資に耐えきれずに倒産し、陣頭指揮をしていた喜六も中国出張中に不慮の事故死を遂げた。享年42歳。会社はわずか12年で解散となった。明治34年織姫神社内に頌徳碑が建立された。桐生における日本織物株式会社の果たした役割は大きい。

所在地 桐生市織姫町

金善ビル

金善ビルの写真

 明治36年金居善太郎氏が「金善輸出織物工場」を創業し、発展を遂げた。同38年の織機数が20台、従業員35人の規模だったのが、大正6年になると力織機は200台となり、従業員は170人に膨れあがった。これは当時、東洋織布(株)桐生工場に次ぐ規模であった。この工場は堤町にあったが、二代目の金居常八郎氏が出張所として、大正15年独立して建てたのが、事業所の名前を冠した「金善ビル」であった。第二次世界大戦中、企業の統合整理により同工場は廃業の止むなきに至った。戦後は事務所ビルとして利用された時期があり、特徴のある五階部分は老朽化のため取り壊されている。(ファッションタウン桐生推進協議会ホームページより)

所在地 桐生市本町5丁目345

 生祠機神神社(拷機姫神社)

生祠機神神社の写真

 元文3年(1738年)に京都西陣から来た中村弥兵衛が桐生の周藤平蔵に高機による紋織技術を伝授した。その偉業を称え中村弥兵衛を祭神として元文4年に神社を建てた。その後、文化4年(1807年)に仁田山山機神社(現白瀧神社)の祭神拷機千々姫命と合祀した。(白瀧神社の項を参照)菱町かるた作成委員会が作成した菱町かるたの中にこの神社を詠んだ一首がある。「よみがえれ、紋織り弥兵衛の心意気」(小堀順 作)

所在地 桐生市菱町3丁目

桐生煉瓦倉庫 旧服部織物糸保管倉庫

旧服部織物糸保管倉庫の写真

 昭和37年頃まで織物業を営んでいた旧服部織物の煉瓦製糸保管倉庫(イギリス積み)である。屋根に2カ所の採光窓がある。建造は大正10年と言われている。所有者は服部ジャカード工芸の服部氏であり、現在は物置として使用されている。なお、比較的近くにある煉瓦倉庫「有鄰館」(市指定重要文化財)は矢野本店が醸造業で使った倉庫であり、平成6年に桐生市に寄贈された。現在は各種イベント会場となっている。

所在地 桐生市東久方2丁目5-13

桐生煉瓦倉庫 旧(資)江原精練工場倉庫

旧江原精錬工場倉庫の写真

 旧(資)江原精練工場は絹の精練(生糸からセリシンを取り除く工程)を手がけていた会社であった。その昔、桐生や他の地域で織られた羽二重などの生地の精練を請け負ったとき、それらの生地を保管するために使用した倉庫が左の写真の建物である。木造2階建て、昭和7年に建てられた。現在は、(有)エバラ企画の江原氏が所有しており、江原精練工場が解体される前に蔵だけを現在地まで移動させたとのことである。現在でも、建築当時のままの美しい姿をしており、特に瓦は70年前のものとは思えないほど輝いている。桐生の織物の歴史を語る上で大変貴重である。なお、倉の前面の壁にある白い筋は、かつての母屋の屋根の部分である。煉瓦積みはイギリス積み。

所在地 桐生市三吉町1丁目3-14

桐生倶楽部会館

桐生倶楽部会館の写真

 大正時代に輸出織物で栄えた桐生産業界は、明治33年に結成された桐生懇話会を発展させ、「社団法人桐生倶楽部」を発足させた。その活動の中心が大正8年12月に建てられた桐生倶楽部会館であった。建物は木造2階建寄棟造瓦葺、外壁をリシン吹きつけ、スパニッシュコロニアル様式のモダンな建物である。当時、この建物には機屋の旦那衆が集まり、名士たちの社交場として桐生発展に大きく寄与してきた。なお、この建物は、国登録有形文化財に指定されている。

所在地 桐生市仲町2丁目9-36


旧日本織物株式会社発電所跡及び煉瓦積遺構

 日本織物株式会社は、明治20年(1887年)11月設立を認可された撚糸・染織・製織・整理仕上の全工程をこなす機械性織物工場であった。輸入の南京繻子に対抗する、絹綿交織の広幅繻子生産を目的としていた。会社はその後、桐生織物株式会社、日本製布株式会社、富士紡績株式会社と変遷し、中島飛行機製作所の軍需工場に転用された。現在敷地は、桐生市の各機関の用地となっている。発電により明治24年11月には、群馬県内で初めて、電球が灯った。現存している発電機(ドイツのフォイト社製320馬力)は、大正13年に取り替えたものであり、昭和22年の水害で導水路が決壊するまでの58年間使用された。発電所後の隣接地から煉瓦積みの遺溝が発見され、旧日本織物株式会社創立当時の門柱状の遺稿であることが確認された。2つの史跡は桐生市の指定史跡に登録されている。

所在地 桐生市織姫町6-1

煉瓦積遺構の写真
煉瓦積遺構
発電所跡の写真
発電所跡

旧模範工場 桐生撚糸合資会社事務所棟附倉庫 (桐生市近代化遺産絹撚記念館)

 明治35年12月設立。当時の農商務省は殖産興業施策により、全国6カ所(京都、福井、富山、米沢、足利、桐生)に、模範工場を造った。桐生足利は、撚糸工場のみ、他は絹織物一貫工場であった。日本絹撚株式会社時代には、日本最大の撚糸工場に発展した。昭和19年には軍需工場となり戦後は再建されなかった。現在は、事務所棟のみ残っている。この建物は石造建築としては桐生で最初であり、歴史的資料としての価値も高い。昭和40年代に大幅な改修が行われた。桐生市指定重要文化財

所在地 桐生市巴町2丁目1832-13

旧模範工場 桐生撚糸合資会社事務所棟附倉庫の写真
旧模範工場 桐生撚糸合資会社事務所棟附倉庫

織物参考館”紫”(ゆかり)

 織物の歴史を学ぶ場として、明治から昭和にかけて使用された織機や道具等の貴重な資料約1,200点を展示している。特に明治15年頃に米国輸出用羽二重の製造に使われた巨大高機(幅3.3メートル奥行き6メートル)などが展示されており、当時の織物の歴史を知る上で貴重である。  また、製糸から製品(布)までの、行程を一貫して展示してあり、繊維産業を理解しやすくしてある。さらに、染織や手織の体験教室も用意され、繊維を一層身近なものとして感じられるようになっている。

所在地 桐生市東4丁目3-24

織物参考館”紫”(ゆかり)の写真
織物参考館”紫”(ゆかり)

織姫神社

 織姫神社は、企業繁栄を祈願して明治28年日本織物株式会社内に川内の白瀧神社から勧請して開いたもの。白瀧姫の立ち姿を祭神としている。平成12年に白滝姫の立姿を補修のため調査ご開帳したところ、これまで分からなかった作者が判明し、幕末・明治期に活躍した生人形師安本亀八の作品であることが分かった。なお、境内には富士紡績株式会社桐生工場跡の碑、佐羽喜六君の碑も建つ。なお、白瀧姫の立ち姿は、ご開帳以外見ることはできない。

所在地 桐生市織姫町

織姫神社の写真
織姫神社

白瀧神社

 白瀧姫伝説発祥の社であり、社伝に「永久年間官女白瀧」という。故あって、土人仁田山の舎人に嫁し常に絹布を織ることを好み、その業の精巧ならんことを欲し、八千々姫に祈りて、遂に宮殿を造営せり、世を去って後、村人祭祀 して、白瀧神社と称す。」と記されている。この姫は機織りに明るかったので、村人たちに教えた事が桐生織物の始まりと伝えられている。なお、古くは仁田山山機神社と呼ばれていた。なお、この辺の地を古くは仁田山と呼んだ。これには次のような伝説が伝わっている。舎人の山田某が白瀧姫を連れてこの地に帰ってきたとき、白瀧姫が「この辺りの山は京都の小倉に似ている」と言ったことから仁田山(にたやま)とし、峠を小倉峠と呼ぶようになった。

所在地 桐生市川内町5丁目3269

白瀧神社の写真
白瀧神社

旧桐生高等染織学校関連施設

3つの建造物が、国登録有形文化財に指定されている。

  1. 旧桐生高等染織学校本館・講堂
    この建物は、大正5年旧桐生高等染織学校本館・講堂として使用されたものである。当時の椅子や机も残り、大正時代の雰囲気を残している。現在は、群馬大学工学部同窓記念会館として保存している。
  2. 旧桐生高等染織学校正門
    高さ3.7メートル、幅16.8メートル、煉瓦造りの門柱上部四面にゴシック風の柱頭飾りがあり、歴史を感じさせる。大正5年建築。
  3. 旧桐生高等染織学校門守衛所 旧桐生高等染織学校門衛所
    木造平屋建て。現在、群馬大学工学部守衛所として使用されている。

所在地 桐生市天神町1丁目5-1(群馬大学工学部内)

旧桐生高等染織学校本館・講堂の写真
旧桐生高等染織学校本館・講堂
旧桐生高等染織学校正門の写真
旧桐生高等染織学校正門
旧桐生高等染織学校門衛所の写真
旧桐生高等染織学校門衛所

桐生織物会館旧館

 この建物は昭和9年に建造された木造総2階建てのスクラッチタイル張り、青緑色の瓦葺のモダンな建物である。建造当時、桐生の織物業界は、大陸への輸出や人絹や絹洋服地などの新製品開発により全盛期を迎えていた。この建物は織物関係の各種組合の事務所が置かれ、桐生の織物業界を代表した建物であった。現在でも、各種組合の事務所のほか、1階には「桐生織物記念館」として市民に開放されている。なお、この建物は、国登録有形文化財に指定されている。

所在地 桐生市永楽町6-6

桐生織物会館旧館の写真
桐生織物会館旧館

みどり市大間々町 みどり市大間々博物館(コノドント館)

 大間々地方は江戸時代より平糸の産地として知られていた。平糸とは、農家の座繰りで挽かれる生糸であるが、独特な製糸方法を用い、できた生糸の品質が上等で主に絽などの桐生織物の原料として用いられた。また、蚕糸業も盛んであったが、横浜開港とともに大きく発展し、明治以後の大間々の発展を支えていた。上州地方から大量の生糸が輸出されるに伴い、大間々地方からは藤屋善三郎、不入屋(いらずや)次兵、金子五兵衛、吉田幸兵衛(吉村屋幸兵衛)などが横浜に進出し、生糸商として活躍した。大間々は江戸時代より絹市が立つなど絹取引が盛んであったが、もぐりの蚕糸商人と市場以外の蚕糸取引を排除するため、大間々生糸市場を設立し、やがて株式会社となった。これは、大間々で最初の近代的な組織をもった会社である。やがて明治33年になると大間々蚕糸同業組合が設立されるが、大正期に入ると、大間々地方の製糸業や糸市が衰退しはじめたため弱体化したが、大間々の近代化は生糸と織物によってもたらされたといえる。大間々町歴史民族館コノドント館では、養蚕が盛んだった頃の養蚕農具が展示されている。座繰りをはじめ、繭の毛羽切り機、桑切り機など貴重な道具を見ることができる。コノドント館の建物は、大正10年に建てられた旧大間々銀行営業所本館を修復したものであり、町指定重要文化財に指定されている。月曜休館。

所在地 みどり市大間々町1030

みどり市大間々博物館(コノドント館)の写真
みどり市大間々博物館(コノドント館)

山同藤十郎頌徳碑

 山同藤十郎は、嘉永元年(1848年)山田郡小平村(現大間々町小平)に生まれ、はじめ生糸商となった。明治12年から織物業に転じ、大間々糸を用いた輸出用の羽二重の製造をはじめた。羽二重の製造は成功し、桐生織物の縞羽二重生産者のトップを占めた。山同藤十郎は、桐生における羽二重輸出の草分けの一人と言える。その後、明治26年桐生商工業組合(現桐生織物協同組合)が組織されたとき、最初の組長に選出され、3年間在職した。また、自治活動においても明治22年町村制が施行された合併後の初代福岡村長に選出され、31年まで9年間在職し、小学校の新設や土木・衛生施設を整えるなど地元に尽した。また、明治25年より県会議員を2期務め、また、明治31年小平信用利用販売購買組合の前身の小平殖産協会を設立した。多方面で活躍した山同藤十郎は、明治37年病没したが、大正11年に小平信用利用販売購買組合の人々によって頌徳碑が建立された。なお、現在山同藤十郎の生家は、山同家の手を放れ、郷土料理店となっている。

所在地 みどり市大間々町小平

山同藤十郎頌徳碑の写真
山同藤十郎頌徳碑

桐生市黒保根町 水沼製糸所跡

 水沼製糸所は、星野長太郎により設立された日本最初の民間経営の機械製糸所である。設立前の明治5年に長太郎の妻香久と女工3人を前橋製糸場で伝習させたという。明治6年より水車動力の繰糸機械32台を備える水沼製糸所を建設し、翌年一部操業をはじめ、明治8年全設備を完成した。ここで作られた糸の品質は極めて良好で、明治11年のパリ万博では金牌を授与されるほどであった。しかし、生産数量が乏しいなどの理由により思うように高く売れなかったため、実弟新井領一郎をアメリカに派遣し、商社の手によらない直輸出を開拓した。ちなみに新井領一郎の娘美代子の娘は日米駐在大使であったライシャワー夫人ハルである。水沼製糸所は経営に行き詰まり明治32年限りに消滅した。水沼製糸所跡は現在長屋門と土蔵などのみが残る。

所在地 桐生市黒保根町水沼

水沼製糸所跡の写真
水沼製糸所跡

このページについてのお問い合わせ

群馬県立産業技術センター 繊維工業試験場
〒376-0011 桐生市相生町5-46-1
電話 0277-52-9950
FAX 0277-52-3890
E-mail senkoushi@tec-lab.pref.gunma.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@tec-lab.pref.gunma.jp)を画像化しております。