本文へ
表示モードの切替
印刷

伊勢崎市

下城弥一郎・森村熊蔵の顕彰碑

下城弥一郎の碑の写真
森村熊蔵の碑の写真

 伊勢崎織物は「太織」として、江戸時代中期より発展し、伊勢崎地方の特産品であったが、明治維新による経済変動により大打撃を受け一時衰退した。下城弥一郎と森村熊蔵は伊勢崎織物を復興すべく、献身的な努力を行った。そして、二人の業績をたたえるため、明治44年伊勢崎織物組合敷地内に顕彰碑が建てられた。これらの碑は昭和42年市指定重要文化財となった。

(写真左)下城弥一郎の碑。下城弥一郎1853年(嘉永6年)~1905年(明治38年)は、佐位郡下植木村に生まれ、明治13年に下城弥一郎らを中心として「伊勢崎太織会社」を設立、明治19年には衰退の危機にあった伊勢崎織物を復興すべく「染色講習所」を私財を投じて開設するなど、伊勢崎織物発展のために献身的に努力した。明治31年、伊勢崎織物協同組合を設立し、組合長となった。

(写真右)森村熊蔵の碑。森村熊蔵は明治23年に無伸縮の縮緬を開発し、絹織物の海外輸出をはかるなど、伊勢崎織物の振興に大きく寄与した。

所在地 伊勢崎市曲輪町31-1

伊勢崎大絣の碑

伊勢崎大絣の碑の写真

 江戸後期には、大絣の技法が開発され、この地方が中心となった。明治大正期には大絣併用銘仙として開花し、昭和期には一世を風靡するに至った。往時を偲び伝統技術の灯を守り、次代への承継を祈る温故知新のシンボルとして碑が建っている。

所在地 伊勢崎市下道寺町

倭文(しどり)神社

倭文(しどり)神社の写真

 上野十二社の一つ。倭文とは「しずおり」で平絹を意味するとされる。この地域に早くから住みついた織物の職業 人倭文部(しどりべ)の民が信仰した神である。古くから伊勢崎で織物が織られていた事を示している。

所在地 伊勢崎市東上之宮町甲380

八田織物内染色工場煙突

八田織物内染色工場煙突の写真

 八田織物は、この地で明治25年頃から機屋を営んでいたが、その後、織ったものを染めるための染色工場を作り、染めをはじめた。この煙突は、大正4年染色工場建造時に建てられたものと言われる。傷みも少なく、長年の月日を感じさせない、りっぱな煙突である。

所在地 伊勢崎市茂呂

徳江製糸所跡

煉瓦製隧道

煉瓦製隧道の写真

 徳江製糸所は、機械製糸では歴史が古く、徳江八郎氏が明治12年広瀬川沿いに12人繰りで操業し、昭和8年まで操業した製糸所である。この製糸所で作られた糸は、貿易商社である同伸会社を通じアメリカへ直輸出が行われた。昭和初期の恐慌で、生糸相場の暴落等により昭和8年徳江氏は破産し、工場は人手にわたったが、製糸所は終戦頃まで続けられたという。現在、徳江製糸所の痕跡はわずかで、煉瓦製の隧道と若干の階段が残るのみである。現在、工場の跡地には漁業組合、公園や住宅街となっている。

 徳江製糸所は敷地6千坪に及んだ大規模なものであり、川沿いに製糸工場、山の手に従業員寮などがあり、この隧道(トンネル)は、寮と工場を結ぶものであったという。煉瓦はイギリス積みで当時の面影をよく残している。

階段跡

階段跡の写真

 この階段の上には社員食堂があり、その下には石炭置き場があったという。現在は、使用されていない。

所在地 伊勢崎市曲輪町

養蚕新論版木碑

 島村地区(利根川をはさんだ埼玉県川の飛び地)で蚕種の生産が盛んになったのは、元治元年の蚕種輸出禁止令が解除されたことによる。ヨーロッパへの輸出が行われるようになると蚕種生産農家が激増し、全村の70%約250戸が蚕種製造に携わり、蚕種製造量は県下の40%を占めた。当時の面影を、小さな教会と点在する巨大な民家にみることができる。 田島弥平は、体験主義の養蚕法から、科学的裏付けのある研究実践を試み、清冷飼育法という蚕飼育法の研究をおこない、養蚕新論・続養蚕新論を著した。また、明治5年には日本で最初の蚕種専門会社である島村勧業会社を設立、明治12年12月には田島弥平、田島弥三郎、田島信の3名が蚕種輸出のためにイタリアへ向かった。この時、イタリアへはアメリカ回りで向かい、帰りはインド洋を経由して帰国したことから、群馬県人で初めて世界一周を成し遂げたといえる。帰国後、明治13年11月に田島武平、田島弥三郎、信州の蚕種業者大谷幸蔵らとともにイタリアへ蚕種輸出のために赴いた。その後、第3回、4回の輸出は田島弥三郎の長男啓太郎が1人で赴き行われたが、思うように販売できず、イタリアの輸出は以後中止された。なお、田島弥平は田島武平とともに明治4年から宮中における御養蚕の世話役を行った。数々の功績に対し明治25に緑綬褒章が与えられた。

養蚕新論版木碑の写真
養蚕新論版木碑

田島弥平旧宅

田島弥平旧宅は、群馬県伊勢崎市境島村にある歴史的建造物であり、明治初期に大きな影響力を持った養蚕業者田島弥平が自身の養蚕理論に基づいて改築した民家である。「近代養蚕農家の原型」とも言われるその旧宅は、2012年に国の史跡に指定され、2013年に「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産として世界遺産リストに登録された。

田島弥平旧宅の写真
田島弥平旧宅

貞明皇后御視察記念碑

 この貞明皇后御視察記念碑は、昭和23年6月5日貞明皇后が群馬県内各地の蚕糸・絹業施設等をご視察された際、田島弥平宅を御視察された記念に、昭和45年第五世田島弥平氏が建立した記念碑である。

所在地 伊勢崎市境島村

貞明皇后御視察記念碑の写真
貞明皇后御視察記念碑

「島村蚕種業績之地」碑

 島村地区は利根川をはさんだ飛び地になっているが、これはこの地で利根川がたびたび氾濫・洪水を引き起こし、その流れを変えたことによる。この島村が幕末~明治期に蚕種の一大産地であったのは、洪水を繰り返す利根川により農業ができなかったことが要因にあるという。かつては田島弥平らが蚕種を欧州に売りに行くなど「島村蚕種」の名は欧州や日本中に知れ渡っていたが、時代とともに島村から蚕種業の火は消え、ついに昭和63年4月島村蚕種組合は解散し、この地に「島村蚕種業績之地」碑が建立された。

(碑文)

島村蚕種業績之地

利根川の清流に培われ三百年の伝統を誇りし島村蚕種の灯今ここに消ゆ 明治の初め全国に魁けて勧業会社を起し欧州に蚕種輸出を計りし祖先の雄図また空し 事業は人なり人の知は力なり 科学の進展は止まる処を知らず世情の変転亦一瞬の油断を許さず常に時代の趨勢を把握洞察して対処を怠らざる事肝要なり 願わくば郷土の若人達よ一致協力産業の振興に努め再び島村の名を天下に轟かされん事を

所在地 伊勢崎市境島村

「島村蚕種業績之地」碑の写真
「島村蚕種業績之地」碑

このページについてのお問い合わせ

群馬県立産業技術センター 繊維工業試験場
〒376-0011 桐生市相生町5-46-1
電話 0277-52-9950
FAX 0277-52-3890
E-mail senkoushi@tec-lab.pref.gunma.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@tec-lab.pref.gunma.jp)を画像化しております。