本文へ
表示モードの切替
印刷

よくある質問と回答

試験関係

質問: 県職員になるにはどうしたらいいですか。
質問: 各試験の募集人数について教えて下さい。
質問: 受験案内(申込書)の入手方法を教えてください。
質問: 栄養士、保育士、司書、犯罪鑑識員などの職種は、募集していますか。
質問: 看護師の募集はありますか。
質問: 車椅子で試験を受験することはできますか。
質問: 2類試験と3類試験の併願はできますか。
質問: 第1次試験会場への交通手段は自動車でもよいでしょうか。
質問: 1次試験もスーツで受験するべきでしょうか。
質問: 就職説明会を実施しているのであれば、参加したいのですが。
質問: 性別や出身地等による有利・不利はありませんか。
質問: 採用試験の受験資格に学歴は必要ですか。
質問: 過去の試験問題は公表されていますか。

採用・配属

質問: 最終合格をしても、採用されない場合がありますか。
質問: 配属先について教えてください。

給与・勤務条件

質問: 勤務時間等について教えてください。
質問: 初任給について教えてください。

研修制度

質問:研修制度はどのようなものですか。

試験関係

質問: 県職員になるにはどうしたらいいですか。

回答: 群馬県の職員になりたい人は、人事委員会が実施する採用試験(選考考査)を受けてください。なお、教員や臨時職員などは実施方法が異なりますので、詳しくは、人事委員会実施試験概要についてをご覧ください。教員の選考試験は教育委員会、市町村職員の採用試験は各市町村等が実施していますので、直接問い合わせてください。

質問: 各試験の募集人数について教えて下さい。

回答: 募集人数は、各試験の「受験案内」でお知らせします。(受験案内の配布開始日は、2019年度群馬県職員採用試験日程・受験資格のページに公表しています。)

質問: 受験案内(申込書)の入手方法を教えてください。

回答: 受験案内(申込書)は、県庁や県内の各行政事務所、群馬県東京事務所などで配布するほか、郵送による請求もできます。→入手方法について

質問: 栄養士、保育士、司書、犯罪鑑識員などの職種は、募集していますか。

回答: 職員の欠員がある場合に、選考考査という試験区分で募集を行います。

質問: 看護師の募集はありますか。

回答: 県立病院の看護師の募集は、病院局で行っています。詳細は病院局総務課のページで確認してください。

質問: 車椅子で試験を受験することはできますか。

回答: 警察官試験を除き、車椅子での受験は可能です。受験申込時にその旨ご連絡ください。

質問: 2類試験と3類試験の併願はできますか。

回答: 受験資格に該当し、試験日が異なる試験であれば、複数受験することも可能です。

質問: 第1次試験会場への交通手段は自動車でもよいでしょうか。

回答: 自動車での来場は固く禁止します。試験会場及びその付近には受験者用の駐車場はありません。また、自動車による送迎も付近の道路が渋滞し、遅刻の原因ともなりますので、なるべく避けてください。やむを得ず自動車による送迎となる場合も、会場周辺は道路も狭く送迎車の駐停車は近所の迷惑となりますので、ご家族の方等も会場周辺で駐停車して待機することは絶対に避けてください。また、試験会場を間違える受験者も毎年見受けられます。必ず、受験票に記載された会場とその場所を確認してください。

質問: 1次試験もスーツで受験するべきでしょうか。

回答: スーツの着用は不要です。1次試験は5月中旬から9月下旬に実施しますが、暑い中、窮屈な服装で体調を崩しては大変です。あなたの本領を発揮するためにも、身軽な服装で受験してください。

質問: 就職説明会を実施しているのであれば、参加したいのですが。

回答: 県庁及び東京等で就職説明会を実施します。日程等の詳細については、こちらでご確認ください。

質問: 性別や出身地等による有利・不利はありませんか。

回答: 採用試験は、地方公務員法の平等の取扱の原則に基づき実施しています。受験資格を有する人は、男女の別や県外・県内出身の別などによって、有利、不利が生じることはありません。

質問: 採用試験の受験資格に学歴は必要ですか。

回答: 各試験の受験資格は一部(警察官試験、選考考査(獣医師・薬剤師などの資格職))を除き、年齢のみとなっています。例えば、「1類試験(大学卒業程度)」は、大学卒業(見込)者が対象ではなく、問題の難易度が大学卒業程度という意味です。

質問: 過去の試験問題は公表されていますか。

回答: 過去の問題は公表していませんが、同等の分野・程度の問題を例題として公表しています。例題については、こちらでご確認ください。

採用・配属

質問: 最終合格をしても、採用されない場合がありますか。

回答: 競争試験の最終合格者は、人事委員会が作成する採用候補者名簿に登載され、その中から任命権者(知事、教育委員会、警察本部長)が、採用面接を行った上で採用者を決定します。本県の場合、合格者は例年ほぼ全員採用されております。しかし、試験に合格しても採用されない場合があります。

質問: 配属先について教えてください。

回答: 配属先は、本人の希望や適性、能力などを考慮して決定されます。しかし、残念ながら、本人の希望どおりにならないこともあります。入庁後は人事異動により、2~5年くらいのサイクルで職場が変わるようになっています。毎年、異動について希望を確認し、本人の希望を尊重するような配慮がされていますので、将来的に希望部署に配属される可能性はあります。

給与・勤務条件

質問: 勤務時間等について教えてください。

回答: 勤務時間は原則として月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分までです。ただし、美術館や病院など交替制勤務が必要とされる場合については、勤務時間や休日が変則的な職場もあります。年次有給休暇は1年に20日間で、時間単位での取得も可能です。このほか、夏季休暇・結婚休暇などの特別休暇、傷病による病気休暇や介護休暇、育児休業制度があります。

質問: 初任給について教えてください。

回答: 以下のとおりです。(平成31年4月1日時点の初任給(給料月額)の一例)

初任給
職種 学歴 初任給額
1類(行政職) 修士卒 198,400円
大学卒 185,700円
2類(行政職) 大学卒 182,400円
短大卒 165,700円
3類(行政職) 短大卒 162,900円
高校卒 151,900円
薬剤師 大学6年制卒 210,600円
獣医師 大学6年制卒 210,600円
福祉 大学卒 185,700円
保健師 大学卒 212,100円

※配属される所属及び従事する業務によって異なる場合があります。
※上記以外の学歴や職歴などがある場合には、一定の基準により決定されます。
※地域手当・扶養手当・通勤手当・住居手当・特殊勤務手当などがその人の条件に応じて支給され、さらに期末手当・勤勉手当が支給されます。

研修制度

質問:研修制度はどのようなものですか?

回答:より質の高い行政を担う職員の育成を目指して、様々な研修を実施しています。

  • 新規採用時の研修
     新規採用職員研修では、まず県職員としての心構えや県行政の基本的事項について習得します。また、消防学校や福祉施設・特別支援学校での体験研修のほか、県が直面する課題について実際現地調査等を行いながら政策提案する演習をグループワークで行います。
  • 能力向上のための研修
     主任や係長などの役職ごとに必要な能力を身に付ける『階層別研修』と業務改善能力や政策形成能力、コミュニケーション能力などの実務能力を向上させる『目的別研修』を実施しています。
  • その他の研修等
     eラーニング研修や通信研修を通じて自己啓発を支援しています。また、若手職員による自主勉強会の活動も活発に行われています。

※その他、質問や不明な点があれば、人事委員会事務局までお問い合わせください。

 採用情報トップに戻る

このページについてのお問い合わせ

人事委員会事務局
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2744
FAX 027-221-6247
E-mail jini@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。