本文へ
大澤正明
知事のページ
知事についてもっと知る
印刷

知事の動き

平成29年度

1月の主な活動

優勝報告(前橋育英高等学校サッカー部)

13:30 県庁・正庁の間

 第9回全国高校サッカー選手権大会で初優勝した前橋育英高校サッカー部の選手や関係者の皆さんが、その報告のため県庁を訪れました。

写真:お祝いの言葉を述べる大澤知事

 山田耕介監督や選手から優勝の報告を受けた大澤知事は、「全国大会優勝、誠におめでとうございます。今回の皆さんの活躍は、県民に大きな感動と元気を与えてくれました。私も(テレビで)見ていて、身震いするほど感動しました。また、今回の大会では、最多の16得点に対して失点はわずかに1と、攻守バランスのとれた素晴らしいチームであるということを全国に知らしめてくれたのではないかと思います。皆さんにおいては、大きな舞台で活躍し、優勝できたということは、これからの人生においても大きな支えになることだと思います。さらなる飛躍を目指していただきたいと思います」と、お祝いの言葉を述べ、サッカー部に対して県民栄誉賞を贈ることを発表しました。

写真:記念撮影の様子

警察署長会議

13:30 県警本部

 今年初となる警察署長会議が開催されました。会議に先立ち大澤知事は、「皆さまにおかれましては、各所属の最高責任者として、常に職員の先頭に立って、安全で安心できる社会の実現のため、その職責を全うされておられますことに対し、深く敬意を表するとともに、心から感謝を申し上げます。今後とも、地域の安全を守る要として、その職務に全力を尽くしていただきますようお願いします」とあいさつしました。

写真:あいさつする大澤知事

平成29年度群馬県統計大会

14:00 群馬会館

 長年にわたり統計業務に尽力された方々や統計グラフコンクールに入賞された方々を表彰するため、群馬県統計大会が開催されました。

写真:あいさつをする大澤知事

 大澤知事は、「昨年は、雇用対策に資するための就業構造基本調査が実施され、今年は、住生活関連施策のための住宅・土地統計調査が予定されております。その結果は行政はもちろんのこと、民間においても広く活用されることが期待されています。皆さまには、この大会を契機として、引き続き本県統計の充実発展のため、今後とも一層のご尽力を賜りますようお願いします」とあいさつし、受賞者に表彰状を贈りました。

写真:表彰状を授与する大澤知事

平成30年群馬県警察年頭視閲式

10:00 県警察機動隊隊庭(前橋市)

 県警察年頭視閲式が行われ、大澤知事は、県警本部長らとともに整列する警察官や白バイ隊を巡閲し、その後、各部隊の行進を視閲しました。
 

写真:巡閲する大澤知事
写真:各部隊の行進を視閲する知事

 知事は、「ただ今、皆さんの自信と気迫に満ちた姿、そして一糸乱れぬ規律ある行動を拝見し、大変頼もしく、また心強く感じました。今後も県民が安全で安心な暮らしができるよう、これまで培われた知識と経験を存分に生かし、より一層のご尽力をお願いします」と祝辞を述べました。

写真:挨拶をする知事

群馬コンベンションセンター建設工事起工式

10:00 建設予定地(高崎市)

 2020年春のオープンを目指す群馬コンベンションセンターの建設工事起工式が行われました。
 主催者として出席した大澤知事は、神事式において鍬(くわ)入れを行いました。

写真:鍬入れを行う大澤知事

 神事式の後、知事は、「群馬コンベンションセンターは、平成21年から検討を開始し、皆さまからのご意見をいただきながら計画を進めてまいりました。本日、ようやく起工式を迎えることができましたのも、ご列席の皆さまをはじめ関係者の皆さまのご尽力のたまものであり、深く感謝申し上げます。2020年春の施設完成の暁には、交流人口の増加による新たな経済需要の喚起、企業のビジネスチャンスの拡大、新産業の創出、若者や女性が活躍できる魅力ある雇用の創出につなげ、本県の持続的な発展を実現していきたいと考えています。また、大規模災害時の地域防災拠点としても活用し、県民の安全・安心も向上させていきたいと思います」とあいさつしました。

写真:あいさつをする大澤知事

 その後、会場を移し愛称及びプロモーション動画発表会が行われました。知事は、群馬コンベンションセンターの愛称が「Gメッセ群馬」に決定したことを発表しました。

写真:愛称を発表する大澤知事

表敬訪問(ピョンチャンオリンピックスピードスケート出場選手)

16:00 県庁・秘書課会議室

 2月に韓国のピョンチャンで開催される第23回オリンピック冬季競技大会に出場する、スピードスケート日本代表の土屋良輔選手と佐藤綾乃選手が県庁を訪れました。

写真:選手を激励する大澤知事

 両選手から大会への抱負を聞いた大澤知事は、「ピョンチャンの地で、練習の成果を思い切り発揮されて、ぜひメダルを持って群馬にまた帰ってくることを期待しています。私たち200万県民そろって皆さんを応援しております。活躍をお祈りします」と述べました。

写真:選手や関係者との記念撮影

群馬県歯科医師会新年祝賀会

17:00 ホテルラシーネ新前橋

 群馬県歯科医師会の新年祝賀会が開催され、大澤知事が、来賓として出席しました。知事は、「県民誰もが生涯にわたって、生き生きとした生活を送るということは、とても大切なことです。そのためには、今、取り組んでいる『8020(ハチマルニイマル)運動』の継続とともに、歯科口腔(こうくう)保健事業に積極的に取り組んでいかなければならないと思っておりますので、皆さま方の一層のご協力をお願い申し上げます」とあいさつしました。 

写真:あいさつをする大澤知事

上毛新聞社新年交歓会

12:30 ヤマダグリーンドーム前橋

 本県の政治、行政、経済、文化、スポーツなど県内各界の代表者ら約1000人が集まり、上毛新聞社新年交歓会が開かれました。

写真:あいさつをする大澤知事

 来賓として出席した大澤知事は、あいさつの中で、「コンベンション施設の工事が、32年の完成に向けて今月から始まります。若者や女性が群馬で活躍できるよう、皆さんと連携しながら、新たな産業、新たな雇用を生み出すようにしっかりと取り組み、群馬の未来を創生していきたいと思っております」と述べました。

平成30年群馬県議会新春交流会

11:00 県庁・展望ホール

 県議会主催の新春交流会が開催され、大澤知事が出席しました。県議会議員をはじめ、国会議員、市町村長、各団体の代表約700人の方々が集まりました。

写真:あいさつをする大澤知事

 知事は、「昨年は上野三碑が世界の記憶に登録され、まさに群馬の宝が世界の宝となりました。しっかりと世界に発信していかなければならないと思っています。また、上武道路が全線開通し、県内の物流環境がますます良くなってきていると実感しています。さらに、昨年の暮れには八ッ場ダムの堤体が約5割の高さまで完成しました。ダム完成と同時に地域が素晴らしい未来図を描けるようにしっかりと取り組んでいきたいと思います。今月には、コンベンション施設の起工式が行われます。人口減少問題の中で、『人・モノ・情報』が群馬に呼び込めるように取り組んでいきたいと思いますので、皆さま方の一層のご協力をお願いします」とあいさつし、出席した方々と懇談しました。

写真:交流会の様子

第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝2018inぐんま)

9:15 県庁前

 元日の風物詩であるニューイヤー駅伝が、群馬県庁を発着点として行われ、全国の予選大会を勝ち抜いた6地区37チームが出場しました。

写真:スターターを務める大澤知事

 大澤知事はスターターを務め、号砲とともに駆け出していく選手を見送りました。

写真:スタートの様子
写真:スタートした選手を見送る大澤知事

過去の活動

以前の「知事の動き」