本文へ
山本一太
知事のページ
知事についてもっと知る
印刷

知事の動き

令和3年度

7月の主な活動

「直滑降ストリーム」ライブ配信(東京農業大学学長 江口文陽 氏)

動画・配信スタジオtsulunos

 45回目となる今回は、きのこ研究を30年以上続け「きのこ博士」と呼ばれる、本県出身の江口文陽(えぐち ふみお)東京農業大学学長をゲストに迎え、きのこの可能性や東京農業大学における新たな取り組みになどについてお聞きしました。

写真:江口学長との対談の様子

 番組後半の「一太の知らない県庁職員の世界」では、スポーツ振興課の桑原豪主幹が、「フリースタイルスキー エアリアルの世界」を紹介しました。

写真:県庁職員との対談の様子


配信動画(Youtube:外部リンク)

沼田・利根地区の高等学校の在り方に関する懇談会

18:30 利根沼田振興局

 沼田・利根地区における将来の高等学校のあるべき姿について、同地区の学校関係者等と意見交換を行うための懇談会が開催されました。

写真:知事の冒頭あいさつ

 懇談会に出席した山本知事は、会議の冒頭、「これまで地元の方々のご意見・ご要望を伺ってきて、まずは、地域の中核高として、沼田高校と沼田女子高校を統合し、高いレベルの進学を目指す、魅力ある新高校を整備することが必要だという考えに至りました。今日は改めて地域代表の皆さまのご意見を伺い、知事の責任において、統合に関する最終的な方向性を得たいと考えています」とあいさつしました。

連合群馬知事要請

13:00 秘書課第1応接室

 連合群馬の佐藤英夫会長が県庁を訪れ、新型コロナウイルス感染症対策と労働者支援に関する要請書を知事に手渡しました。

写真:要望書を受け取る山本知事

 要請書を受け取った山本知事は、「連合の皆さんからご要望をいただくことで、働く方々、生活している方々の視点を県政に反映でき、大変ありがたいと思っています。新型コロナ禍が長引いているので、ご要望をしっかり受け止めて、県として何ができるのか検討していきたいと思います」と述べました。

第4回産業経済総合支援本部会議(Web開催)

【10:30 秘書課会議室】
 第4回群馬県産業経済総合支援本部会議に山本知事がWeb出席しました。

写真:会議の様子

 山本知事は「5月の連休前に新型コロナウイルスの感染が広がったこともあり、まん延防止等重点措置を適用し、経済活動を制限せざるを得なかったことは、大変残念に思っています。その後、感染者数について、首都圏では、群馬県が一番少ない状況が続いています。これは事業者や県民の皆さまのご理解、ご協力のおかげだと思っています。ただし、近いうちにリバウンドが起こる可能性があるので、市町村と連携しながらワクチン接種を進めていきたいと考えています。今回の産業経済総合支援本部会議では、愛郷ぐんまキャンペーン等の経済対策について、参加者の皆さまの率直なご意見を伺えればと思います」と述べました。

オードリー・タン大臣とのオンライン対談について

18:00 県庁32階NETSUGEN

 台湾のオードリー・タン デジタル担当大臣と山本知事が、「デジタルが創り出す未来」をテーマにオンライン対談しました。
 本企画は、群馬県が昨年度から取り組んでいる「湯けむりフォーラム」とのコラボレーション企画として開催されました。

 湯けむりフォーラム公式HP(外部リンク)

写真:対談の様子

 山本知事との対談終了後には、タン大臣が県内若者とトークセッションを行いました。

 本企画の動画は、こちらからご覧いただけます。→ 【台湾フェア × 湯けむりフォーラム2021】台湾 オードリー・タン大臣と語る、 デジタルが創り出す未来(YouTube:外部リンク)

表敬訪問(東京2020パラリンピック出場 唐澤剣也選手・由井真緒里選手)

11:00 秘書課第一会議室

 東京2020パラリンピックへの出場が内定している唐澤剣也選手(陸上競技5000m)と由井真緒里選手(競泳混合200mリレー)が県庁を訪問しました。

写真:記念撮影

 両選手から大会への意気込みを聞いた山本知事は、「新型コロナウイルスの影響で大会が1年延期され、練習も制限されるなど相当なプレッシャーがあったと思います。そのような中でご努力され、見事にパラリンピックへの切符を勝ち取ったことに対し、心から敬意を表したいと思います。皆さんの活躍は県民に大きな勇気を与え、本県の障害者スポーツの発展に繋がると思います。日頃の練習の成果を発揮して、存分にご活躍いただくことを心から期待しております」と激励の言葉を述べました。
 
 本県関係者としては、唐澤選手、由井選手のほか、永井崇匡選手(柔道)と園部優月(ブラインドサッカー)の出場が内定しています。
 

表敬訪問(ハウス食品、JA中央会)

【11:30 秘書課第一応接室】

 ハウス食品(株)東京支社の谷川支社長、JAグループ群馬の唐澤会長が、ハウス食品(株)、JAグループ群馬、群馬県三者共同の「群馬県産農畜産物消費拡大キャンペーン」を実施するにあたり、県庁を訪れました。
 「群馬県産農畜産物消費拡大キャンペーン」では、収穫量全国1位の夏秋キャベツ、全国屈指の銘柄数を誇る豚肉などの県産農畜産物とハウス食品商品を組み合わせたオリジナルレシピを活用し、群馬県産農畜産物の消費拡大を図ります。
 

写真:香ばしキャベツ食べ尽くしカレーを試食する山本知事

 山本知事は、群馬県産農畜産物を使用した、オリジナルレシピの内の1つである「香ばしキャベツ食べつくしカレー」を試食しました。
 試食後、「キャベツがカレーに合うとは知りませんでしたが、非常に美味しいです。体にも良く、とても良いメニューだと思います」と絶賛しました。

写真:ハウス食品(株) 谷川東京支社長、JAグループ群馬 唐澤会長と記念写真を撮る山本知事

「直滑降ストリーム」ライブ配信(ぐんまちゃん作者 中嶋史子さん)

19:00 動画・放送スタジオtsulunos

 ぐんまちゃんの生みの親であり元県職員のデザイナー 中嶋史子さんをゲストにお招きして、ぐんまちゃんのアニメ化への思いや、ぐんまちゃん誕生秘話などについてお話を伺いました。

写真:中嶋さんとの対談する山本知事
写真:知事が描いたぐんまちゃん

 番組後半の「一太の知らない県庁職員の世界」では、人事課の大竹智也主任が「ビジュツカンの世界」を紹介しました。

写真:「ビジュツカン」の魅力について職員と対談する山本知事

番組の配信動画はこちら

第50回新型コロナウイルス感染症対策本部会議

10:00 災害対策本部室

 第50回新型コロナウイルス感染症対策本部会議が開催され、来週以降の警戒度や要請内容等について協議が行われました。

写真:会議の様子

 会議の結果は、この日に行われた定例記者会見において発表されました。
 
 定例記者会見の内容はこちらをご覧ください。
 

過去の活動

以前の「知事の動き」