本文へ
群馬県ホームページへ

群馬県の雇用対策促進に関する提言

 依然として低迷している経済状況の中で、本県の雇用情勢は徐々に回復の兆しを見せているもののまだまだ厳しい状況であり、有効求人倍率も最近では上昇傾向が続き、平成24年1月では0.89倍まで回復しているが、平成21年以降ずっと1倍を割り込んだままの現状である。
 このような中で、雇用対策特別委員会を設置し、1年近くの間、雇用に関する活発な審査や調査がなされ、その内容を踏まえて平成24年度当初予算に、「ジョブカフェぐんま」の充実や女性がワンストップで相談できる窓口の新設など、関係事業が盛り込まれたことは評価すべきものである。
 なお、離職した失業者等の雇用機会創出のために平成21年度から実施されている「雇用創出に係る基金事業」は、地域の実情に沿った創意工夫によって、地元の雇用創出に大きな成果をもたらしたが、一部の事業を除き平成24年度までの事業期間とされていることから、その後の継続雇用や新規の雇用創出に関して大変に心配がされているところである。
 さらに、離職者が再就職するための職業訓練等の支援や、若者の就労観・職業観醸成のための支援も、ますますその重要度が増していると考えられる。
 ついては、県当局におかれては次の事項に配慮され、今後とも群馬の雇用を守られるよう強く要望するものである。

  1.  若者の就職支援拠点である「ジョブカフェぐんま」の機能の維持・充実を図るよう、継続して取り組むこと。  
  2.  雇用弱者対策については一層の取り組み強化を図ること。特に障害者と女性の支援に関しては、特段の配慮を図ること。  
  3.  雇用創出に係る基金事業の継続に向け、事業期間の延長等について、国へ強く働きかけを行うこと。  
  4.  群馬の未来を担う若者に対し、社会に出る以前から「働く意識」の醸成を促進するよう、キャリア教育等の充実を図ること。

 以上、提言する。


  平成24年3月13日


                                      群馬県議会雇用対策特別委員会   


 群馬県知事 大澤 正明  様


<連絡先>

議会事務局政策広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-897-2892
FAX 027-221-8201
E-mail giseisaku@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。