本文へ
群馬県ホームページへ

議第34号議案

 放射性物質の除染に係る費用の全額国庫補助を求める意見書

 除染作業は、昨年の東日本大震災に伴って生じた福島第一原子力発電所の事故において放出された放射性物質によって、汚染や風評被害で多大な被害を被った地域の住民の安全・安心やイメージアップのために欠かせない作業である。しかし、除染作業には膨大な費用を要し、関係市町村の財政を大きく圧迫している。
 市町村や県が行う除染については、国の「放射線量低減対策特別緊急事業費補助金」があるものの、この補助制度は「比較的線量の高い地域」と「比較的線量の低い地域」とで補助対象に違いがあり、例えば、群馬県など比較的線量の低い地域においては、芝は深刈りが基本で、表土の除去、芝の張り替えは認められていない。しかし、芝の深刈りでは線量が下がらない箇所もあり、市町村等において除染を実施するうえで、多くの課題があると指摘せざるを得ない。
 また、除染による放射線対策は、住民が安全・安心に生活できるように原状回復することが最終目標でなければならない。
 よって、国会及び政府におかれては、放射性物質の除染に係る費用の国庫補助については、市町村等における対策を速やかに実施するため、必要な対策はすべて国庫補助の対象とするよう、現場に即した適正かつ弾力的な執行を強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成24年10月19日

                                      群馬県議会議長  松本 耕司    

 衆議院議長
 参議院議長
 内閣総理大臣
 財務大臣   
 環境大臣
 内閣官房長官
 復興大臣
       あて


<連絡先>

議会事務局政策広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-897-2892
FAX 027-243-4211
E-mail giseisaku@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。