本文へ
群馬県ホームページへ

群馬交響楽団議場演奏について

 令和2年第1回定例県議会開会に先立ち、本会議場で群馬交響楽団が演奏を行います。群響の演奏を、傍聴手続きのみで無料で聴くことができますので、お気軽にお越しください。
 また、この演奏は、インターネットで生中継(外部リンク)します。

1 日時

令和2年2月17日(月)本会議開会前(午前10時30分から)

2 場所

議事堂本会議場

3 曲目

(1)ヨハン・シュトラウス2世/喜歌劇 《こうもり》 序曲 (約9分)

 ヨハン・シュトラウス(1825-1899)は、同名の父ヨハン(1804-1849)と区別するため、シュトラウス2世と呼ばれ、ウィーンを代表するワルツの作曲家として世界中の人々に愛されています。彼は、生涯に20曲近い舞台作品を残しましたが、その代表作が喜歌劇《こうもり》です。この作品は全3幕からなっておりますが、本日はその幕開けに演奏される序曲を演奏します。元気良く始まる序奏に続いて、オーボエがやわらかなメロディを演奏します。その後もオペレッタの中のいろいろな曲が続々と登場する曲で、1度聴けば誰もが好きになってしまうような魅力にあふれています。

(2)ベートーヴェン/交響曲 第5番 ハ短調 作品67「運命」第1楽章 (約6分)

 ベートーヴェン(1770-1827)は、生涯に9曲の交響曲を完成させましたが、中でも「第5番」は全てのクラシック音楽を代表する1曲といってよいでしょう。冒頭の「ジャジャジャジャーン」という部分は、子供から大人まで誰もが知っていると言っても過言ではありません。この有名な部分について【運命はこのように扉をたたく】とベートーヴェンが弟子に語ったというエピソードから、一般的に「運命」と呼ばれています。重要なことは、このリズム・パターンが全ての楽章に形を変えて出てくることによって、曲全体の統一が図られている点です。本日演奏する第1楽章は、この「ジャジャジャジャーン」という力強い主題が徹底的に展開されます。このような徹底した例は、この「運命」が作曲された以前にはありませんでした。ベートーヴェンの作品は多くの工夫に満ちており、その後の音楽家に大きな影響を与えることとなりました。

(3)エドワルド・エルガー/愛の挨拶 作品12 (約4分)

 イギリスを代表する作曲家エルガー(1857-1934)は、有名な行進曲《威風堂々》をはじめ、交響曲や協奏曲、オラトリオなど多くのジャンルに大作を残しています。この作品は彼が結婚する前年の1888年に作曲され、結婚した年に自ら管弦楽用に編曲しました。今日、エルガー作品の中でも最も親しまれている作品となっており、懐かしさに溢れた温かい響きに満ちた曲です。

(4)ヨハン・シュトラウス1世/ラデツキー行進曲 (約3分)

 ラデツキー行進曲は、本日1曲目で演奏する喜歌劇《こうもり》を作曲したシュトラウス2世の父、ヨハン・シュトラウス1世の作品です。1848年、彼が44歳の時に作曲されました。ヨーゼフ・ラデツキー将軍の凱旋を祝うために作曲し、わずか2時間でこの曲を完成させたといわれています。曲は三部形式になっていて、最初に力強い序奏があってから、跳躍するように快活な行進曲の主題が弦に現れます。中間部の主題は歌うような感じをもっており、最後に再び前の主題が威勢良く繰り返されて曲を結びます。

4 出演者の紹介

指揮:大井 剛史(おおい たけし)

 1974年生まれ。東京藝術大学指揮科を卒業後、99年同大学院指揮専攻修了。若杉弘、岩城宏之の各氏に指導を受ける。96年安宅賞受賞。2000年~2001年、仙台フィルハーモニー管弦楽団副指揮者。2007~2009年、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団にて研修。2008年アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールで第2位入賞。2009~16年ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉(現・千葉交響楽団)常任指揮者、2009~13年山形交響楽団指揮者、2013~17年同正指揮者を歴任。現在、東京佼成ウインドオーケストラ正指揮者。このほか、ほとんどの国内主要オーケストラを指揮し、多彩なレパートリーとその誠実な指揮でいずれも高い評価を得ている。
 オペラの分野では、在学中より新国立劇場、東京二期会などのオペラ公演で副指揮者を務め、2002年「ペレアスとメリザンド」(ドビュッシー)を指揮しデビュー。以降多くのオペラ作品を指揮するほか、ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」(バーンスタイン)も指揮。バレエの分野では「ロメオとジュリエット」(プロコフィエフ)などで新国立劇場バレエ団の公演を度々指揮、国内を代表するバレエ団やダンサーが一堂に会した「NHKバレエの饗宴」でも指揮を務めた。さらに、小松原庸子スペイン舞踊団や、野村萬斎、花柳壽輔、井上八千代といった日本舞踊界の名手たちと共演するなど、幅広い舞台芸術分野で活躍している。

令和2年第1回定例会について」に戻る


<連絡先>

議会事務局総務課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-4111
FAX 027-221-8201
E-mail gisoumuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。