本文へ
表示モードの切替
印刷

【6月18日】平成30年度群馬県産農畜産物等の輸出金額について(ぐんまブランド推進課)

 群馬県農畜産物等輸出推進機構にて輸出実績調査を実施した結果、農畜産物等の輸出に取り組んだ企業・団体等の平成30年度輸出金額は、前年を上回る1,058,717千円となりました。
 平成29年度実績で農業農村振興計画に定めた令和元年度輸出額目標10億円を達成していますが、今回はそれをさらに上回る結果となりました。今後もさらなる上積みを目指して、各種施策に取り組んでまいります。

1 輸出額

1,058,717千円

(平成29年度 輸出額:1,047,994千円、 前年比 +10,723千円 +1.0%の増)

2 農畜産物及び加工品の輸出状況

農畜産物及び加工品の輸出状況
区分 平成29年度 輸出額
(千円)
平成30年度 輸出額
(千円)
前年比 主な輸出先国・地域
牛肉
(和牛・交雑)
696,387 666,996 95.8% EU、香港、米国、東南アジア
農産加工品
(こんにゃく製品・加工品)
313,089 334,058 106.7% 香港、東南アジア、米国、EU
青果物 35,964 48,391 134.6% タイ、米国、マレーシア、シンガポール
酒類 2,554 5,405 211.6% EU、ベトナム、香港、台湾
花き   3,867 皆増 台湾、米国
合計 1,047,994 1,058,717 101.0%  

(出展:群馬県農畜産物等輸出推進機構調べ)

3 平成30年度の特徴

  1. 青果物は、マレーシアにおける知事トップセールスの取組等により新たな品目が定着するなど、東南アジアを中心に順調に増加しています。
  2. 花きは、平成30年度の対中フローラ世界博覧会(台湾)出展を契機に輸出が開始されました。今後も生産者等と連携して、台湾及び他の東アジアへの輸出に向けて取り組んでいきます。

4 令和元年度の取組

(1)ぐんまブランド輸出促進

  • 和牛カッティングセミナー開催

(2)海外ニーズをとらえる輸出促進と生産振興の連携

  • 海外バイヤー招へい商談会
  • 東アジア諸国への花き輸出促進

(3)輸出取引拡大支援、ジェトロ等との連携

  • セミナー開催や輸出に取り組む生産者等の育成
  • 輸出促進支援員設置、ジェトロと連携した支援

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

農政部ぐんまブランド推進課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3131
FAX 027-243-7202
E-mail burando@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。