本文へ
表示モードの切替
印刷

【11月20日】県内小中学校の学校給食で“すき焼き”を提供(ぐんまブランド推進課)

県では、地産地消や食農教育の取組のひとつとして、給食を通じて地元農畜産物や地域、食に携わる方々への理解促進を図っています。教育委員会との連携により、今年も県産農畜産物の魅力の結晶である“すき焼き”の給食が、県内全ての公立小、中学校、特別支援学校468校で提供されることになりました。
なお、今年は、約7割の学校が、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた農畜産物に対する販売促進事業である、国の「国産農林水産物等販売促進緊急対策事業」を活用し、上州牛、上州和牛などの県産牛肉を使用しています。

主な取組(すべて取材可能)

地産地消や食農教育の主な取組一覧
実施日 場所 所在地/電話番号 取組内容
11月26日(木) 安中市立松井田小学校(※注) 安中市松井田町松井田953
027-393-1521
栄養教諭による給食時指導
  • 地場産椎茸、上州ねぎ使用
  • 地元産米(安中総合学園高校栽培米)使用
11月27日(金) 高崎市立榛名中学校(※注) 高崎市上里見町430
027-374-1455
栄養教諭による給食時指導
  • 地場産食材使用
11月27日(金) 昭和村立昭和中学校 昭和村橡久保488-1
0278-23-7321
6校時に栄養教諭、生産者による食育授業
  • 地元牛肉(赤城牛)を使用したすき焼き給食
11月30日(月) 下仁田町立下仁田小学校(※注) 下仁田町下仁田73
0274-82-2077
栄養教諭による給食時指導
  • ICTを活用した食育指導
  • 地場産下仁田ねぎ、下仁田こんにゃく使用

(注)
下仁田小学校の取材を希望される場合、11月26日(木)までにぐんまブランド推進課販売戦略係(電話:027-226-3129)に御連絡願います。
他の学校への取材については、各学校等と直接調整をお願いします。

新型コロナウイルス感染症への対応

当日は次の点に御協力をお願いします。

  1. 発熱や体調が優れない場合は御遠慮ください。
  2. マスクの着用をお願いします。
  3. 別添の健康状況申告書を提出してください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

農政部ぐんまブランド推進課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3129
FAX 027-223-3648
E-mail burando@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。