本文へ
表示モードの切替
印刷

【2月26日】平成29年度県有施設における温室効果ガス排出量について(環境エネルギー課)

 「群馬県地球温暖化対策実行計画(事務事業編)」(平成23年度-平成32年度)の7年目にあたる、平成29年度の県有施設からの温室効果ガス総排出量は123,925トン-CO2でした。前年度比では2.7%の減少(基準年の平成19年度比では6.3%の減少)となりました。

 ※ 県はオフィス部門における県内最大の温室効果ガス排出事業者であり、率先して温室効果ガス排出削減を推進する必要がある。群馬県地球温暖化対策実行計画(事務事業編)では、県有施設の平成32年度における温室効果ガス排出量を平成19年度比で11%削減することを目標としている。

1 平成29年度実績

(1)県有施設の温室効果ガス総排出量

県有施設の温室効果ガス総排出量一覧
平成19年度
総排出量
(基準年)
平成28年度
総排出量
(前年)
平成29年度
総排出量
前年度との比較 基準年度との比較
増減 増減率 増減 増減率
132,294トン-CO2 127,390トン-CO2 123,925トン-CO2 -3,465トン-CO2 -2.7% -8,369トン-CO2 -6.3%

(2)前年度比での減少要因

 県内の信号機のLED化が進んだことなどにより、県有施設での主な使用エネルギーである電力使用量が減少し、また、電力排出係数が改善(0.486→0.475)したことから、温室効果ガス総排出量は対前年度比、対基準年度比ともに減少となった。
 ※電力排出係数
電力会社が電力を作り出す際に、どれだけの二酸化炭素を排出したかを推し測る指標。今回、電力会社において、再生可能エネルギーによる発電比が増えたことから、係数は小さくなった。

【参考1】主なエネルギー使用量
エネルギー項目 平成19年度
(基準年)
平成28年度
(前年)
平成29年度 対前年度比 対基準年度比
電気 208,964千kWh 188,234千kWh 185,707千kWh -1.3% -11.1%
重油 4,380kℓ 2,994kℓ 3,149kℓ 5.2% -28.1%
都市ガス 4,238千m3 3,297千m3 3,393千m3 2.9% -19.9%
公用車ガソリン 3,175kℓ 2,617kℓ 2,567kℓ -1.9% -19.1%
灯油 2,153kℓ 1,982kℓ 2,007kℓ 1.3% -6.8%
【参考2】原油換算エネルギー使用量
平成28年度
総使用量
平成29年度
総使用量 対前年度比
57,091kℓ 56,743kℓ -0.6%

2 今後の対応

 群馬県地球温暖化対策実行計画に基づく県有施設全体の電力使用量(kWh)の対前年度比1%以上削減に向け、引き続き以下のとおり省エネ・節電対策に取り組む。

  1. 「県庁エコスタイル標準行動」の定着とともに、省エネ改修やESCO事業の導入等一層の省エネ・節電等に向けた取組を実施する。
  2. エコカーの導入推進

このページについてのお問い合わせ

環境森林部環境エネルギー課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2817
FAX 027-243-7702
E-mail kaneneka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。