本文へ
表示モードの切替
印刷

【11月5日】食品表示のルールが変わります!(食品・生活衛生課)

1.概要

 平成27年4月に食品表示法が施行され、消費者及び事業者にとってわかりやすい新しい食品表示のルールが制定されました。令和2年4月1日以降に製造・加工・輸入された加工食品及び添加物は、全て新しいルールで表示されます。新しい食品表示のルールでは、栄養成分表示の義務化など食品選択や健康増進等に有用な情報提供が強化されています。消費者の皆さまに、食品表示についてより多く知っていただくとともに、皆さまの食生活に一層の活用を図っていただきたいと考え、食品表示の主な変更点についてのリーフレットを作成しました。

食品表示のここが変わる!~食品表示の主な変更点について~(PDF:359KB)

2.食品表示の主な変更点

原材料と添加物が明確に区分されます

 「スラッシュ(/)」等の記号で区分する方法、改行して区分する方法、事項名に「添加物」を加えて表示する方法があります。

アレルゲンの表示方法が変わります

 「マヨネーズ(卵を含む)」というように、原則は原材料の直後にアレルゲンが表示されます。そのような表示が困難な場合は、原材料名の最後に括弧書きで食品に含まれる全てのアレルゲンが一括して表示されます。

 食品の名称からアレルゲンを含むことがわかる食品(マヨネーズ、生クリーム、パンなど)についても、新しいルールではアレルゲンを含む旨の表示がされます。例:「生クリーム(乳成分を含む)」、「パン(小麦を含む)」

栄養成分表示が義務化されます

 これまで任意表示であった栄養成分表示が、原則義務化になります。これまでのナトリウムの表示は、食塩相当量に換算して表示されます。
 ただし、消費税を納める義務が免除される事業者又は中小企業基本法に規定する小規模企業者が販売する食品など、栄養成分表示を省略できる食品もあります。

 ※小規模の事業者が製造した食品でも、スーパー等の販売する事業者が小規模の事業者でない場合は栄養成分表示が必要となります。

その他変更事項があります

 製造所固有記号や栄養強調表示の表示方法等が変更になります。

3.参考情報

 食品表示のトップページに食品表示の参考となる情報を掲載しておりますので、御確認ください。

4.お問い合せ先

 食品表示に関するお問い合せは、健康福祉部食品・生活衛生課又はお近くの保健福祉事務所あて、御連絡ください。

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2421
FAX 027-243-3426
E-mail shokuseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。