本文へ
表示モードの切替
印刷

【10月9日】令和2年度新規就農者実態調査結果について(農業構造政策課)

1 目的

 新規就農者の実態を把握し、新たな就農者の確保・育成対策に役立てるため、新規就農者実態調査を行っています。

2 調査方法

 令和元年8月2日から令和2年8月1日の間に就農した45歳未満及び45歳以上65歳以下の新規就農者を対象に、各農業事務所(普及指導課・地区農業指導センター)と農業構造政策課が、関係機関から得た情報をもとに毎年調査しています。

3 45歳未満の新規就農者数

 

(1)45歳未満の新規就農者数は173人で、前年度と比較して3人増加しました。
(2)経営部門別では、園芸(野菜、果樹、花き)が114人(全体の66%)と最も多く、次に畜産(酪農、肉牛、養豚、養鶏)の32人(同18%)、米麦は7人(同4%)でした。
(3)就農形態別では、自営就農が97人(全体の56%)、雇用就農が76人(同44%)でした。

45歳未満の新規就農者数(単位:人)
部門/形態 自営就農 雇用就農 R1
農家子弟 新規参入 小計
米麦 6 1 7 0 7 16
園芸 43 28 71 43 114 108
畜産 6 0 6 26 32 28
その他(※) 11 2 13 7 20 18
66 31 97 76 173 170
R1 73 30 103 67 170

※その他には、複合(米麦+野菜、野菜+花き、野菜+果樹など)、菌茸などが含まれる。

4 45歳以上65歳以下の新規就農者数


(1)45歳以上65歳以下の就農者数は50人で、前年度と比較して、7人減少しました。
(2) 経営部門別では、園芸が最も多く32人(全体の64%)でした。
(3)就農形態別では、自営就農が37人(同74%)、雇用就農者13人(同26%)でした。

 
45歳以上65歳以下の新規就農者数(単位:人)
部門/形態 自営就農 雇用就農 R1
農家子弟 新規参入 小計
米麦 3 0 3 0 3 7
園芸 18 9 27 5 32 44
畜産 2 0 2 1 3 0
その他(※) 5 0 5 7 12 6
28 9 37 13 50 57
R1 34 8 42 15 57
※その他には、複合(米麦+野菜、野菜+花き、野菜+果樹など)、菌茸などが含まれる。

このページについてのお問い合わせ

農政部農業構造政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3064
FAX 027-225-0096
E-mail noukouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。