本文へ
表示モードの切替
印刷

【6月26日】『東国文化ハカセ出張授業』のモデル授業の公開について(文化振興課)

学校現場における『東国文化ハカセ出張授業』を活用した授業の普及を図るため、教育関係者向けにモデル授業を公開します。

群馬県は古代東国文化の中心地であり、東日本随一の古墳大国です。そうした全国に誇る群馬の歴史について、子どもたちの興味・関心を育み、古代東国文化についての理解をさらに深めてもらうため、古代の歴史に詳しい学識経験者「東国文化ハカセ」による出張授業を実施することとし、その普及のため、モデル授業を公開します。

1 日程・会場等

日程・会場等一覧
授業日時 令和元年6月28日(金)9時50分~10時40分(2校時)
会場 伊勢崎市立殖蓮中学校体育館(伊勢崎市上植木本町2152-2)
対象 1年生全員(176名)
授業内容 東国文化
講師 県立歴史博物館 補佐(学芸係長) 深澤 敦仁

※ 後日、桐生市立中央中学校での実施も予定しています。

2 対象

県・市町村教育委員会、教育事務所、県内の中学校教諭等の教育関係者

※昨年度までは教員によるモデル授業を実施していましたが、今年度は学校現場からの要望を受け、学識経験者によるモデル授業を実施することになりました。
※ 取材を希望される方は、事前に文化振興課へ御連絡ください。

(参考)東国文化ハカセ出張授業

次代を担う子どもたちがふるさと群馬に誇りと愛着をもてるよう、東日本最大の古墳大国で東国文化の中心地として栄えた古代群馬の学習を、中学校の歴史教育に浸透させていくことを目的に実施するもの

1 対象

 県内の小中学校・中等教育学校(中等部)

2 期間

 2019年6月17日~2020年3月31日

3 授業内容

  • 「東国文化」、「上野三碑」、「華やかな天平文化」の3つのテーマから選択可能
  • 授業の水準及び方法については、対象学年や学校の要望も踏まえて調整する。
  • 「東国文化副読本」、ジオラマ、黒井峯遺跡のVR映像などを活用した内容とする。

4 講師登録者

 8名(県内の歴史系博物館職員等、古代の歴史に詳しい学識経験者)

5 申込

 文化振興課あてにメール又はFAXで申し込み

6 費用

 無料(講師の交通費・謝金も不要)

このページについてのお問い合わせ

生活文化スポーツ部文化振興課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2525
FAX 027-221-0300
E-mail bunshinka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。