本文へ
表示モードの切替
印刷

【9月27日】日本遺産認定記念群馬県戦略的文化芸術創造事業「里沼(SATO-NUMA)~能とオペラの饗宴~」(文化振興課)

 日本遺産「里沼(SATO-NUMA)-『祈り』『実り』『守り』の沼が磨き上げた館林の沼辺文化-」の認定を記念し、県内外の多くの方々に知っていただくため、構成資産である「茂林寺沼」=祈り、「城沼」=守り、「多々良沼」=実りをテーマに、3回の公演を実施します。
 群馬県が世界に誇る日本遺産の「里沼」を舞台に、各沼をイメージした能舞台とテーマごとに制作した映像を背景に、群馬交響楽団アンサンブルの演奏によるオペラを上演します。
 今回は日頃、能やオペラにあまり馴染みのない方にも楽しんでいただけるよう、分かりやすい解説を行います。

開催日

令和元年11月15日(金)、16日(土)

会場

館林市文化会館カルピス(R)ホール(大ホール)
※(R)の表記は本来と異なります。

公演内容

11月15日(金)18時30分開演 ~祈り~

出演者

能:下平克宏(シテ方観世流能楽師)
オペラ:大山亜紀子(群馬音楽協会)、塚田孔右(群馬音楽協会)
ゲスト:宗次郎(オカリナ奏者)

11月16日(土)13時30分開演 ~守り~(子ども達に楽しんでいただける公演です)

出演者

能:下平克宏(シテ方観世流能楽師)
オペラ:古屋知恵(群馬音楽協会)
ゲスト:サキソフォックス(四つ子の狐によるサックス四重奏)

11月16日(土)18時30分開演 ~実り~

出演者

能:下平克宏(シテ方観世流能楽師)
オペラ:川島玲子(群馬音楽協会)
ゲスト:米良美一(カウンターテナー歌手)

主催

群馬県、群馬県戦略的文化芸術創造事業実行委員会

共催

館林市

協力

SENJU LAB、風音工房、スーパーキッズ、オフィス・フォルテ

企画制作

SAP

舞台美術

アートディレクター 山重徹夫

チケット

(1)定員

各回1,000人

(2)発売日

令和元年10月6日(日)

(3)料金

11月15日(金)、11月16日(土)18時30分開演の会は、3,000円(税込、全席指定)
11月16日(土)13時30分開演の会は、中学生以上2,000円、小学生1,000円(税込、全席指定)
※未就学児で、お席をご利用の場合はチケットが必要になります。

(4)取扱い

チケットぴあ:(Pコード:166-343)
館林市文化振興課(文化会館内)窓口 電話:0276-74-4111(9時00分~17時00分)
館林市文化振興課でのみ、お得な3公演通し券(7,000円)を販売します。

(5)問い合せ

SAP 電話:03-6912-0945(平日10時00分~18時00分)

能:下平克宏 羽衣の写真
能:下平克宏 羽衣
宗次郎(オカリナ奏者)の写真
宗次郎(オカリナ奏者)
サキソフォックス(四つ子の狐によるサックス四重奏)の写真
サキソフォックス(四つ子)狐によるサックス四重奏
米良美一(カウンターテナー歌手)の写真
米良美一(カウンターテナー歌手)

このページについてのお問い合わせ

生活文化スポーツ部文化振興課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2593
FAX 027-221-0300
E-mail bunshinka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。