本文へ
表示モードの切替
印刷

【12月21日】第2回セカイト講演会・世界遺産国際ウェビナー「海を渡った日本のシルク ~アメリカとの交流~」の参加者を募集します!(文化振興課)

 20世紀初め日本が世界一の生糸輸出国に成長する頃、輸出先の第一位はアメリカでした。今回は、「アメリカへ渡った日本の生糸」に焦点を当てた国際ウェビナーを開催します。
 アメリカと会場とをオンラインで接続し「海を渡った日本のシルク~アメリカとの交流~」をテーマに、日米の有識者の基調報告、パネルディスカッションによる意見交換を行います。

1 日時

令和4年1月29日(土) 10時00分~12時20分

2 場所

群馬会館2階ホール (前橋市大手町2-1-1)

3 内容

第一部:基調報告

  • 生糸はアメリカで何をしたのか
    講師:松浦 利隆 氏(群馬県立女子大学群馬学センター教授)
  • 近代日本における蚕糸技術の革新と国際移転
    講師:石井 寬治 氏(世界遺産センター名誉顧問、東京大学名誉教授)
  • 日本の生糸とアメリカの絹産業の成り立ち
    講師:David Wittner 氏(ユーティカ大学教授)

第二部:パネルディスカッション

・テーマ「日本のシルクがアメリカ、そして世界に与えた影響について」
 パネリスト:石井 寬治 氏、David Wittner 氏、井上 直子 氏(城西大学准教授)
 コーディネーター: 松浦 利隆 氏

※ウェビナーの様子は、後日、動画ポータルサイト「tsulunos」から配信します。
※主催:群馬県、群馬歴史文化遺産発掘・活用・発信実行委員会、シルクカントリーぐんま連絡協議会

4 申込方法

「ぐんま電子申請受付システム」による申し込み

以下のリンクからシステムに接続し、申し込みください。
「第2回セカイト講演会・世界遺産国際ウェビナー」参加申込(ぐんま電子申請受付システム:外部リンク)

FAXによる申し込み

住所、氏名、電話番号、参加人数を記入の上、「FAX:027-243-7785」へ申し込みください。
※1通につき4名まで申し込みできます。

5 申込期間

令和3年12月27日(月)から令和4年1月19日(水)
※定員(100名)に達し次第、受付終了となります。

6 問い合わせ先

群馬県地域創生部文化振興課
〒371-8570 群馬県前橋市大手町1-1-1
電話:027-226-2326 FAX:027-243-7785

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

地域創生部文化振興課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2326
FAX 027-243-7785
E-mail bunshinka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。