本文へ
表示モードの切替
印刷

【10月13日】「群馬県臨床検査技師会」及び「関東甲信越臨床検査薬卸連合会」との災害時の保健衛生に関する協定締結について(医務課)

 県内で災害が発生した際に、避難所で避難者の健康状態を迅速に検査するため、県では、(一社)群馬県臨床検査技師会、関東甲信越臨床検査薬卸連合会と、それぞれ「災害時の保健衛生に関する協定」、「災害時における臨床検査薬等の供給に関する協定」を締結します。
 コロナ禍では、車中泊による避難が増加するなど、避難者のいわゆるエコノミークラス症候群への対応の重要性が増していますが、本協定の締結により、予防対策、早期検査などが可能となります。
 また、締結にあたり、協定締結式を開催いたします。

1 協定の概要

(1)「災害時の保健衛生に関する協定」

  • 締結先:一般社団法人群馬県臨床検査技師会(会長 井田 伸一)
  • 内容
    1. DVT※関連検査、弾性ストッキング着脱指導
      ※深部静脈血栓症(deep venous thrombosis)
    2. 採血、インフルエンザ等感染症疾患の検体採取及びPOCT※による検査
      ※臨床現場即時検査(Point of care testing)、血糖値モニタリング、尿検査等
    3. 避難所における衛生管理指導 等

(2)「災害時における臨床検査薬等の供給に関する協定」

  • 締結先:関東甲信越臨床検査薬卸連合会(会長 今野 秀人)
  • 内容:臨床検査薬及び臨床検査機器の供給 等

2 協定締結式の開催

(1)日時

 令和2年10月23日(金) 11時00分~

(2)場所

 正庁の間(県庁7階)

(3)出席者

  • (一社)群馬県臨床検査技師会
     会長 井田 伸一(いだ しんいち) 理事 小澤 晃(おざわ あきら)
  • 関東甲信越臨床検査薬卸連合会
     会長 今野 秀人(こんの ひでひと) 副会長 駒場 誠一(こまば せいいち)
     日本臨床検査薬卸連合会会長 坂牧 昇(さかまき のぼる)
  • 群馬県
     健康福祉部長、医務課長、薬務課長

(4)その他

  • 取材を希望される場合は、当日会場へ直接お越しください。
  • 取材にあたっては、マスク着用等感染症対策をお願いします。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部医務課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2534
FAX 027-223-0531
E-mail imuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。