本文へ
表示モードの切替
印刷

【10月7日】第32回全国健康福祉祭和歌山大会(ねんりんピック紀の国わかやま2019)群馬県選手団結団式を実施します(介護高齢課)

 本年11月に和歌山県で開催される、第32回全国健康福祉祭和歌山大会(愛称:ねんりんピック紀の国わかやま2019)に参加する群馬県選手団の結団式を行います。

1 主催者

群馬県、公益財団法人群馬県長寿社会づくり財団

2 日時

令和元年10月10日(木) 午後2時から(約30分間)

3 会場

県庁昭和庁舎3階 正庁の間

4 選手団規模

57名

5 主な次第・選手団紹介

  • 主催者あいさつ 群馬県知事
  • 選手団激励 公益財団法人群馬県長寿社会づくり財団理事長、群馬県健康福祉部長
  • 来賓祝辞 群馬県議会議長
  • 県旗授与 群馬県知事から旗手(選手)へ授与
  • 選手代表あいさつ 選手代表者

【参考】

1 群馬県選手団の概要

選手団人数

57名(選手48名、役員・係員9名)

種目別選手数(6種目)(※注)

弓道(6名)、剣道(5名)、オリエンテーリング(3名)、ソフトバレーボール(7名)、サッカー(19名)、太極拳(8名)

選手構成

男性35名、女性13名 平均年齢67.0歳
最高齢81歳 小林 茂四郎(男性・ソフトバレーボール・前橋市)
(年齢は、令和2年4月1日現在)
(※注)このほか、同期間中開催される美術展には、群馬県代表作品として「日本画」、「洋画」、「彫刻」、「工芸」、「書」及び「写真」の6部門に合計12作品(各部門2作品)が出品されます。

2 選手団派遣団体

公益財団法人群馬県長寿社会づくり財団(電話:027-255-6511)

3 第32回全国健康福祉祭和歌山大会(愛称:ねんりんピック紀の国わかやま2019)の概要

(1)主催

厚生労働省、和歌山県、一般財団法人長寿社会開発センター

(2)共催

スポーツ庁

(3)テーマ

あふれる情熱 はじける笑顔

(4)会期

令和元年11月9日(土)~12日(火) 4日間

(5)参加予定人員

延べ約40万人(観客含む)

※注 全27種目のうち、俳句の交流大会を除く6種目に参加(俳句は和歌山県へ直接申込)
詳しくは、公益財団法人群馬県長寿社会づくり財団(外部リンク)(電話:027-255-6511)までお問い合わせください。

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部介護高齢課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2562
FAX 027-223-6725
E-mail kaigokou@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。