本文へ
表示モードの切替
印刷

【2月26日】「健康フェスタ2019腎臓を大切に!!」を開催します(保健予防課)

 腎臓病を発症し、重症化すると透析療法を受けるなど、健康に重大な影響を及ぼします。
 3月14日の「世界腎臓デー」は、腎臓病の発症予防や早期発見・早期治療の必要性を普及啓発するために制定されています。
 そこで、「世界腎臓デー」に合わせて、県民の皆様に正しい知識の普及啓発を図るため、群馬県慢性腎臓病対策推進協議会、イオン高崎店との共催で健康フェスタ2019を開催します。
 本イベントでは、無料で受けられる各種健康測定の体験コーナーやクイズ、健康相談・お薬相談やグッズプレゼントなど、どなたでも楽しめるブースが登場します。

開催概要

日時:平成31年3月2日(土) 10時00分~15時30分

会場:イオンモール高崎(高崎市棟高町1400)

1階セントラルコート、2階イオンホール

出展ブース

  • お薬相談、足指筋力測定、血圧・血管年齢測定
  • 臓病に関するeラーニングの体験、健康・栄養相談、ロコモチェック、健骨度測定

ミニステージ内容

・腎臓病〇×(まるばつ)クイズ、ぐんまちゃんと写真撮影 等
※特別参加:認知症アンバサダーのあかぎ団が登場します。

主催・後援

主催

群馬県、群馬県慢性腎臓病対策推進協議会(群馬県医師会、群馬県薬剤師会、群馬県看護協会、群馬県栄養士会、群馬大学医学部附属病院腎臓リウマチ内科、東日本腎不全研究会、医療法人社団日高会日高病院、群馬県腎臓病患者連絡協議会)、イオン高崎店

後援

群馬県歯科医師会、NPO法人日本腎臓病協会、上毛新聞社

特別協力

イオンモール高崎、全国健康保険協会群馬支部、群馬ヤクルト販売株式会社、日本生命保険相互会社群馬支社、大塚製薬株式会社高崎出張所、株式会社クスリのマルエ

慢性腎臓病について

 腎臓の働きが悪くなったり、タンパク尿が出たりする状態を慢性腎臓病(CKD)と呼びます。進行すると末期腎不全(人工透析や腎移植が必要な状態)となるだけでなく、心血管系合併症(心筋梗塞・脳卒中など)を起こしやすくなります。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部保健予防課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2602
FAX 027-223-7950
E-mail hokenyobo@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。