本文へ
表示モードの切替
印刷

【10月22日】クビアカツヤカミキリの被害状況について(自然環境課、技術支援課)

1 令和3年度被害状況調査結果

(1)調査内容

市町村及び県で把握している被害状況(フラス(幼虫のフンと木くずが混ざった排出物)を排出している被害木及び成虫の確認)

(2)調査期間

令和3年4月1日~令和3年8月31日

(3)調査結果

令和3年度クビアカツヤカミキリ被害状況調査結果
番号 市町村 被害本数 被害樹種 参考:過去の被害本数
サクラ ウメ モモ スモモ その他 平成29年度 平成30年度 令和元年度 令和2年度
1 前橋市 4 1   3            
2 高崎市 41 2 15 7 17         5
3 桐生市 38 27 10     1       28
4 伊勢崎市 12 3 2 6   1       17
5 太田市 2,335 1,582 567 91 46 49 5 164 388 1,231
6 館林市 1,758 1,427 163 16 124 28 219 496 1,272 1,323
7 みどり市 20 1   19           6
8 板倉町 576 563 7     6 4 33 168 248
9 明和町 387 295   85 7   123 311 434 476
10 千代田町 375 371 3     1 47 120 202 382
11 大泉町 864 810 50 1 1 2 105 194 658 765
12 邑楽町 499 478 9 7 2 3 179 192 439 479
12市町合計 6,909 5,560 826 235 197 91 682 1,510 3,561 4,960
うち果樹園 788 0 530 170 86 2 117 394 381 729

(注1)被害樹種のうち「その他」は、ハナモモ、アンズ等
(注2)このほか、榛東村内1箇所で成虫が確認されたが、樹木被害は確認されていない

被害状況の推移グラフ画像

2 発生概況

(1)全体

  1. 今年度は新たに前橋市内でも被害が確認され、被害発生地域は12市町となった。
  2. 被害本数は6,909本と、昨年度比で1,949本増加し、増加率は1.39倍となった。
  3. 県中西部地域への被害の拡大は抑えられていることから、予防を含めた早期発見・早期駆除の対策が有効であったと考えられる。

(2)サクラ … 被害本数全体の約8割

  1. 多くの被害発生市町では、被害本数の増加率が抑えられている一方で、一部の市町では対前年度比増加率が2倍近くに上るなど、地域によるバラつきが見られた。
  2. 被害発生市町では、薬剤処理や成虫の捕殺等を中心とした対策を実施している。
  3. 被害地域の隣接市町村や散発的な被害発生市町村では、予防のための薬剤処理、広報紙等を活用した周知啓発等の対策を実施している。

(3)果樹(ウメ、モモ、スモモ) … 被害本数全体の約2割

  1. 防除対策が徹底されている果樹生産園では被害が抑えられている一方で、管理が行き届かない一部の生産園では被害が増加している。
  2. 県では、防除対策を徹底するため、薬剤費等の対策経費の支援、より効果的かつ効率的な防除技術の確立に向けた実証試験に取り組んでいる。
  3. 今年度は、生産園以外の民有地(個人宅・企業等)における果樹被害が増加した。
被害発生状況の推移画像

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

環境森林部自然環境課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2872
FAX 027-243-7702
E-mail kanshizen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。