本文へ
表示モードの切替
印刷

【6月28日】県内の農業農村の動き(7月)(農政課)

農産物の生産動向地域のイベント・研修会・品評会県域イベントカネコ種苗ぐんまフラワーパーク日本絹の里県馬事公苑

農産物の生産動向

農産物の生産動向一覧
項目 日時 場所 内容 主催、問い合わせ先
露地ナスの出荷最盛期 7月下旬 前橋市  前橋市では赤城南麓地域を中心に露地ナスが栽培されており、7月下旬から8月下旬に出荷最盛期を迎えます。主要品種は「くろべえ」「千両2号」であり、京浜市場を中心に出荷されます。
 平成26年から、新規栽培者を対象として時期別に現地研修会を実施しており、産地の育成にも努めています。
中部農業事務所
普及指導課 
野菜指導係
電話027-233-9255
JA前橋市
園芸販売課
電話027-261-9090
モモの収穫が始まります 7月下旬~ 前橋市南部地区  前橋市では南部地区でモモが栽培されており、収穫時期を迎えます。主な品種は、「あかつき」(7月下旬)、「川中島白桃」(8月下旬)などです。直売所や生産者の自宅などで販売されます。 中部農業事務所
普及指導課
電話027-233-9255
JA前橋市
南部支所
電話027-265-0956
パプリカの出荷始まる 7月上旬~ 渋川市赤城町・北橘町  JA赤城たちばなパプリカ組合では、一般的なパプリカよりも一回り小さい「ビバ・パプリコット」を専門に生産しています。特徴は、ミニサイズだからこそできる赤色と黄色の2色セットの販売。見た目もカラフルで使い勝手も良いと、消費者からも大変好評です。出荷は7月上旬頃から始まります。 中部農業事務所
渋川地区農業指導センター
電話0279-23-1321
露地ナスの出荷本格化 7月上旬~ 渋川市赤城町・北橘町、榛東村、吉岡町  管内には2つのJAがあり、それぞれが露地ナスの生産に励んでいます。まだまだ小さな産地ですが生産者は徐々に増加し、今年は両JA合わせて23名が栽培に取り組んでいます。高品質なナス生産を目指して、現地研修会を開催するなど、生産者が一丸となって技術向上に取り組んでいます。 中部農業事務所
渋川地区農業指導センター
電話0279-23-1321
ゴボウ、エダマメ、トウモロコシの出荷盛ん 7月~8月 伊勢崎市  伊勢崎市の特産品である「夏ゴボウ」をはじめ、「エダマメ」「トウモロコシ」など夏野菜の収穫が最盛期です。香り高い「夏ゴボウ」や新鮮で甘みのある「エダマメ」「トウモロコシ」は、京浜市場を中心に8月まで出荷が続きます。 中部農業事務所
伊勢崎地区農業指導センター
電話0270-25-1252
県育成の酒米「舞風」の生産を行っています 6月下旬~10月中旬 伊勢崎市東地区  伊勢崎市の東(あずま)地区は、酒米の産地です。従来からの品種「若水(わかみず)」に加えて、平成21年から県育成新品種「舞風(まいかぜ)」を生産しています。今年の「舞風」の作付面積は約4.5ヘクタールで、6月下旬に田植えが行われ、10月中旬頃に収穫されます。収穫後は、県内の酒造会社で日本酒醸造に使用されます。 中部農業事務所
伊勢崎地区農業指導センター
電話0270-25-1252
「旬の果物」収穫始まる 7~10月 国道406号線など幹線道路沿い  高崎市では、ブルーベリー、モモ、プラム、ナシ、カキなどが順次収穫期を迎え、国道406号線など幹線道路沿いの多くの直売所が店開きを行います。
 また、各地で品評会や消費者交流イベントが開催されます。
西部農業事務所
普及指導課
電話027-321-3600
倉渕雨よけトマト出荷始まる 7月上旬~10月中旬 高崎市倉渕地区  高崎市倉渕地区では夏の冷涼な気候を利用して、トマトの栽培が行われています。7月上旬から10月まで出荷されます。新しい品種(「麗月」等)を導入し、品質の向上に努めています。 西部農業事務所
普及指導課
電話027-321-3600
露地ナスパッケージ稼働 7月1日~10月下旬 JA碓氷安中  JA碓氷安中では、生産農家の出荷作業の省力のため、平成24年度に出荷野菜包装機を導入、露地ナスのパッケージを行うことにより、生産拡大の一翼を担っています。 JA碓氷安中 
営農課
電話027-382-1136
倉渕ミョウガ出荷始まる 7月下旬~9月下旬 高崎市倉渕地区  高崎市倉渕地区では特産ミョウガの出荷が7月下旬から始まります。8月中旬から9月上旬が出荷最盛期となります。 西部農業事務所
普及指導課
電話027-321-3600
秋冬ブロッコリーは種開始 7~8月 高崎市  高崎市(高崎地区)では夏まき秋冬どりブロッコリーのは種が始まります。暑い最中の育苗となり、高い管理技術が求められます。 西部農業事務所
普及指導課
電話027-321-3600
機械選果施設
トマトからナスへ
7月中旬~10月中旬 JAたのふじ  JAたのふじ(藤岡市)では機械選果施設で12月~7月上旬まではトマトを選果していますが、7月中旬からナスの選果場に変わります。選果をJAに委託することでナス農家は労力の軽減につながっています。 JAたのふじ園芸課
<藤岡>
電話0274-24-1194
露地ナス収穫盛ん 6月~11月 藤岡市・高崎市吉井町  多野藤岡地域では露地ナス栽培が盛んです。4月下旬~5月上旬に定植したナスが、5月下旬より収穫を迎え、7月以降最盛期を迎えます。 JAたのふじ園芸課
<藤岡>
電話0274-24-1194
<吉井>
電話027-387-4979
オクラ出荷始まる 7月
~10月
藤岡市・高崎市吉井町  多野藤岡地域ではオクラの栽培が盛んに行われています。
 は種は4月下旬~5月中旬が中心です。
 収穫は6月下旬より始まり、7月~8月に最盛期を迎えます。
JAたのふじ園芸課
<藤岡>
電話0274-24-1194
<吉井>
電話027-387-4979
ニガウリ出荷始まる 6月~9月 藤岡市・高崎市吉井町  管内ではニガウリの栽培が行われており、毎年作付が伸びています。4月下旬から5月にかけて定植され、6月末から出荷が始まります。 JAたのふじ園芸課
<藤岡>
電話0274-24-1194
<吉井>
電話027-387-4979
エダマメ出荷始まる 6月~7月 藤岡市小野地区  藤岡市小野地区は昔からのエダマメ産地です。
 ホウレンソウとの輪作が行われています。
 7月は“湯あがり娘”の出荷最盛期になります。
JAたのふじ園芸課
電話0274-24-1194
特別栽培ジャガイモ出荷始まる 6月下旬~
7月下旬
甘楽富岡地区全域  特別栽培ジャガイモの出荷が始まります。甘楽富岡地域では、栽培者20名弱、栽培面積2ヘクタール程でジャガイモの特別栽培に取り組んでいます。 西部農業事務所富岡地区農業指導センター
電話(0274)63-6711
甘楽富岡のオクラ出荷始まる 6月下旬~
10月上旬
甘楽富岡地区全域  甘楽富岡地域のオクラ生産は環境に配慮した栽培に取り組んでおり、収穫は6月下旬頃から始まり10月まで続きます。 西部農業事務所富岡地区農業指導センター
電話(0274)63-6711
ズッキーニ出荷盛ん 7~8月 吾妻郡全域  当地域のズッキーニ栽培は、6月上旬から霜の降りる10月まで出荷され、7~8月に最盛期を迎えます。県内初の産地として約100戸の生産者が栽培しています。 吾妻農業事務所  普及指導課   電話0279-75-2364
雨除けトマト出荷始まる 7月~ 中之条町
高山村
東吾妻町
長野原町
 JAあがつま管内の雨除け栽培トマトが7月はじめから収獲が始まります。標高差約500メートルを生かして5月から順次定植され、協同選果されたトマトは「赤ずきん」ちゃんのブランド名で、10月まで出荷されます。約3ヘクタール作付しています。 吾妻農業事務所  普及指導課   電話0279-75-2364
露地ナス出荷始まる 7月~ 中之条町
高山村
東吾妻町
 露地ナスの収穫が7月上旬から始まります。5月中下旬に定植され、霜が降りる前の10月まで出荷が続きます。吾妻東部の主要品目で、約3.5ヘクタール作付しています。 吾妻農業事務所
普及指導課
電話0279-75-2364
嬬恋高原キャベツの本格出荷始まる 7月上旬~ 嬬恋村  夏秋キャベツ日本一の産地である嬬恋村で 本格的な出荷作業が始まります。標高700~1,400メートルの冷涼な気候を活かし、約3,000 ヘクタールに及ぶ広大な畑で栽培したキャベツを全国に出荷します。 JA嬬恋村農産部営農畜産課    電話0279-80-6204
嬬恋高原キャベツ産地の環境保全対策 7月上旬~ 嬬恋村  村の環境保全型農業推進協議会が中心となって環境対策を行うことで、産地のイメージアップを図っています。主な取り組みとして、収穫開始7日前から収穫終了まで黄色い旗を立てる「安全野菜の黄色い旗大作戦」 、「グリーンベルトや緑肥による表土流失防止対策」、「生産物の残留農薬検査」、「農業用廃資材の回収と適正処理」などを行っています。 嬬恋村役場農林振興課      電話0279-96-1256

JA嬬恋村農産部営農畜産課    電話0279-80-6204
ブルーベリーの収穫が始まる 7月上旬~8月下旬 吾妻郡全域  吾妻管内では、県育成大粒品種のブルーベリー「おおつぶ星」「あまつぶ星」をはじめ、多くの品種を味わうことができます。摘み取り体験ができるため、観光客、特に家族連れのお客様に大変喜ばれています。
 収穫時期になると管内農産物直売所で生果が販売され、ジャム・ジュースなども購入できます。
吾妻農業事務所  普及指導課   電話0279-75-2364
雨よけトマトの出荷始まる 7月上旬~ 利根沼田地域  利根沼田地域は、県内一の雨よけトマトの産地です。今年は7月3日頃から白沢トマトセンターと片品トマトセンターが稼働し、本格的な出荷が始まります。白沢トマトセンターは、今年から新しい選果機械になりました。 利根沼田農業事務所
普及指導課
電話0278-23-0338
露地ナス出荷本格化 7月~11月上旬 桐生みどり地域  6月下旬から露地栽培のナスの収穫が始まり、7月から本格的に出荷されます。桐生管内では約80戸の生産者が17ヘクタールを栽培しています。収穫は、11月上旬まで続きます。 東部農業事務所
桐生地区農業指導センター
電話0277-76-2047
ニガウリ出荷盛ん 7月~8月 邑楽館林  7月から露地栽培のニガウリの収穫が始まり、出荷量が日に日に増えてきています。栽培面積は施設・露地合わせて約50ヘクタールです。7月下旬~8月上旬に収穫の最盛期を迎えます。 東部農業事務所
館林地区農業指導センター
電話0276-74-2257
根域制限栽培のモモ収穫始まる 7月中旬~ 太田市  東部管内では2戸の生産者が、モモの根域制限栽培(ポット栽培)を行っています。この栽培法は、根に適度なストレスを与えることで、糖度の高いモモを生産することができます。栽培法改善試験を実施中です。 東部農業事務所
普及指導課 
電話0276-31-2212
王様の野菜、モロヘイヤの出荷最盛期 7月中旬~ 太田市  群馬県のモロヘイヤの栽培面積は全国一位で太田市は県内一の栽培面積を誇っています(農水省平成28年産地域特産野菜生産状況調査)。7月中旬から露地栽培の本格的な出荷が始まり、8月に最盛期を迎え、10月まで出荷が続きます。 東部農業事務所
普及指導課 
電話0276-31-2212

地域のイベント・研修会・品評会

地域のイベント・研修会・品評会一覧
行事名 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
新規就農者激励会・家族経営協定合同調印式 7月29日(月)
午後2時開始
前橋市農業協同組合本所 2階 多目的ホール  前橋市の農業を担う新規就農者に対し、今後の活躍を期待し激励するとともに、家族経営協定を締結し家族間の経営意識向上や働きやすい環境作りの支援を行うために開催します。また、関係機関から情報提供を行い、今後の経営の参考にしていただきます。 主催:前橋市農業委員会 
後援:前橋市担い手育成総合支援協議会等
問い合わせ(前橋市農業委員会)
電話027-898-6733
令和元年度
第2回
まえきフェス
7月26日(金)
15時~21時(予定)
前橋駅構内(予定)  地域一体の価値向上やつくり手と消費者のコミュニケーション創出を目的に地域活性化イベントとして開催される「まえきフェス」に、まえばしマジョーラ会員の新鮮な夏野菜や加工品を出店します。前橋駅前が元気になるプロジェクトに女性農業者が一役担います。 主催:JR東日本高崎支社、JR前橋駅
問い合わせ:JR東日本高崎支社      
電話027-320-7111     
中部農業事務所
普及指導課
電話027-233-2061
渋川北群馬地域の観光と夏の農産物PR販売会in高崎駅 7月6日(土)、
7日(日)
11時~15時30分
JR高崎駅中央コンコースイベントスクエアー  渋川北群馬地域は、都内から車で約2時間と近く、手軽に四季を通じた観光農業が楽しめる地域です。そこで、県内のハブ駅であるJR高崎駅にて、全国的にも知名度が高い伊香保温泉と併せて、夏の特産農産物であるブルーベリー、トウモロコシ、葉物野菜などを紹介しPRを行います。 中部農業事務所
渋川地区農業指導センター
電話0279-23-1321
農産物現地見学会 7月10日(水)
11時~14時
吉岡町トマト生産農園、チンゲンサイ農園他、みゆきだそば工房  渋川広域農業活性化推進協議会では、地産地消推進の一環として伊香保温泉旅館へ食材としての地元農産物供給を進めています。
 地元農産物に対する理解と今後の取引拡大を目的として、女将さんや板前さんを対象に、生産現場の見学と地元農産物を活用した料理の試食や農産物PRを行います。
中部農業事務所
渋川地区農業指導センター
電話0279-23-1321
新規就農者の集い 7月17日 (水) 13時30分~ 渋川地区農業指導センター
302会議室
 おおむね就農から5年以内の新規就農者(青年農業者)を対象に、青年農業者同士の交流を深め、仲間づくりをすすめることを目的に集いを開催します。併せて、先輩農業者から経営に対する考え方等を学ぶほか、鳥獣被害対策に関する講習会を行います。 中部農業事務所
渋川地区農業指導センター
電話0279-23-1321
モモ果実品評会及び即売会 7月中旬 (品評会)JAたかさき西部支店
(即売会)高崎市役所
 JAたかさきモモ生産部会ではモモ産地の強化と生産技術の向上を目的に、モモの果実品評会を開催します。出品点数は50点程度です。また、品評会の当日に即売会を開催する予定です。                              JAたかさき本店
電話027-352-5288
ハートきゃべつ畑の苗植え体験 7月1日(月)
13時~
雨天中止
愛妻の丘  畑をキャンパスにして、キャベツアートを作るため、キャベツの苗をハート型に植える体験ができます。苗植えが初めての方でも、キャベツ農家が優しく丁寧に教えてくれます。キャベツづくりなど、色々なお話も聞けます。
※「嬬恋の宿あいさい」に宿泊いただいた最大9組の方限定のイベントです。
嬬恋の宿あいさい
電話0279-96-1280
ブルーベリー観光もぎ取り園オープン 7~8月 利根沼田地域  利根沼田地域は県内一のブルーベリー産地です。7月4日の沼田市の開園式から観光もぎ取り園が続々オープンし、7月が収穫最盛期となります。観光と併せてブルーベリー狩りはいかがでしょうか。 利根沼田農業事務所
普及指導課
電話0278-23-0338
道の駅「尾瀬かたしな」1周年記念イベント、「かたしなMarket」の開催 7月14日(日)、15 日(月) 道の駅「尾瀬かたしな」  昨年7月にオープンした道の駅「尾瀬かたしな」が1周年を迎えるため、7月15日に記念イベントが開催されます。
 5月からは村民が消費者へ片品の魅力を伝える取り組みとして「かたしなMarket」をはじめました。次回開催は、7月14日で、11月まで毎月1回、第1日曜日に開催する予定です。
片品村振興公社(株)
電話0278-25-4644
「利根沼田みのりの里スタンプラリー」及び観光農園PRイベント 7月20日(土)
7時~(配布物がなくなるまで)
関越自動車道下り線 上里サービスエリア  今年で16年目を迎えた「利根沼田みのりの里スタンプラリー」及び利根沼田地域の観光農園等のPRイベントを行います。イベントでは、スタンプラリー台紙や各種パンフレット、チラシの配布に加えて、旬となっているブルーベリーの試食も行います。 利根沼田農業事務所
農業振興課
電話0278-23-0188
小平の里
流しうどん体験
6月29日(土)~ 9月29日(日) みどり市    小平の里  小平の里はキャンプ場や親水公園、鍾乳洞、湿生植物園等、1日では遊びきれないほど楽しめる自然体験施設です。夏休み期間のおすすめ体験プランは、流しうどん体験(体験料1人800円)です。他にも、マスのつかみどり体験など夏にしかできない体験があります。体験のお申し込みは利用日の2日前までに小平の里にお申し込みください。 みどり市小平の里管理事務所
電話0277-73-2006
シクラメン現地検討会の開催 (邑楽館林地区)7月11日(木)
(桐生地区)7月26日(金)
板倉町

桐生市
 シクラメン生産農家と関係指導機関職員が各ハウスを巡回して、生育状況、病害虫発生状況を確認するとともに、施肥管理技術や高温対策などを検討します。 東部農業事務所
普及指導課 
電話0276-31-2212
第2回露地ナス現地研修会 7月中旬 桐生市新里地区  露地ナス栽培を始めたばかりの農業者(おおむね3年未満)を対象に、8月まで毎月1回実技をまじえた研修会を行います。
 2回目は、V字仕立て栽培に欠かせない「切り戻しせん定法」ついて研修します。
東部農業事務所
桐生地区農業指導センター
電話0277-76-2047
邑楽館林農村女性ネットワーク学習会 7月下旬 未定  農業農村における男女共同参画の推進と地域女性リーダーの育成のため、女性農業者や農業委員を対象にした学習会を開催します。 東部農業事務所
館林地区農業指導センター
電話0276-74-2257

県域イベント

県域イベント一覧
イベント等 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
農林大学校「オープンキャンパス」 7月26日(金)
時間 午前10時~午後2時
県立農林大学校(高崎市箕郷町) 学校生活の紹介、コースの説明、模擬講義、寮見学、学食体験、相談コーナーなど
対象:当校に入校を検討している人
定員:120人(先着順)
申込み期間:令和元年6月3日(月)~7月19日(金)
その他:令和元年8月7日(水)・8月21日(水)には、コースの体験ができるオープンキャンパスも開催します。
申込み方法:電話または所定の申込用紙
申込先:県立農林大学校(〒370-3105 高崎市箕郷町西明屋1005 TEL027-371-3244)
県立農林大学校
電話027-371-3244
FAX027-371-6968
県もも・プラム品評会 7月25日(木)
時間:午前10時~午後3時
(生産者による直売:午前10時から商品終了まで、展示品の一般公開:午後0時から午後3時まで、展示品の販売:午後3時から販売品終了まで)
県庁(前橋市大手町) 県内で生産されたもも・プラムの秀作の展示・販売、生産者による直売が行われます。
生産者による直売、展示品の販売は数に限りがありますのでご注意ください。
県蚕糸園芸課
電話027-226-3136
FAX027-243-7202
家畜商講習会の受講者募集 9月18日(水)、9月19日(木)
時間:午前9時~午後5時
県市町村会館(前橋市元総社町) 家畜取引の業務に必要な知識を習得します
対象:これから家畜商になろうとするもの
費用:3200円
申込期間:令和元年7月1日(月)~8月2日(金)必着
申込方法:申請用紙
申込用紙配布場所:住所地を所管する県農業事務所、県畜産課
※写真(縦4センチ×横3.6センチ)を貼付した受講票を併せて提出
申込先:住所地を所管する県農業事務所、県畜産課
県畜産課
電話027-226-3103
FAX027-223-3095

カネコ種苗ぐんまフラワーパーク(外部リンク)

カネコ種苗ぐんまフラワーパーク一覧
イベント等 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
夏のカラフル野菜展 7月19日(金)~7月28日(日)
時間:午前9時~午後5時
カネコ種苗ぐんまフラワーパーク(前橋市柏倉町) 夏野菜の魅力をぞんぶんに体感できる企画展です。即売会があります。
費用:無料 
※入園料がかかります
カネコ種苗ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389
ウェディングガーデン 6月7日(金)~7月21日(日)
時間 午前9時~午後5時
カネコ種苗ぐんまフラワーパーク(前橋市柏倉町) 清楚な白色で清涼感と緊張感を持たせ、ジューンブライドを祝う庭を演出します。
費用:無料 
※入園料がかかります。
カネコ種苗ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389
花と緑の学習館「ブルーベリー管理育成実践講座」 7月17日(水)
時間:午前10時~正午
県花と緑の学習館(前橋市柏倉町) 10種類以上の完熟果の食べ比べ
定員:45人
申込期間:7月13日(土)
申し込み方法:電話・FAXでお知らせください。
カネコ種苗ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389
花と緑の学習館「香りの楽しむアロマ講座」 7月21日(日)
時間:午前10時~正午
県花と緑の学習館(前橋市柏倉町) 爽やかな香りのスプレーとミニヒンメリ付きのお洒落な扇子作り
定員:45人
申込期間:7月13日(土)
申し込み方法:電話・FAXでお知らせください。
カネコ種苗ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389

日本絹の里(外部リンク)

日本絹の里一覧
イベント等 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
日本絹の里特別展「追悼・藍田正雄展~伝統を貫いた江戸小紋人生~」 6月8日(土)~7月8日(月)
時間 午前9時30分~午後5時
県立日本絹の里(高崎市金古町) 2017年7月に亡くなられた藍田正雄さんの作品を紹介し、その死を悼むとともに、多くの人々に藍田さんが江戸小紋にかけた想い、江戸小紋の魅力を紹介します。
(観覧料) 一般=200円、大学・高校生=100円、中学生以下=無料
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
特別展「追悼・藍田正雄展~伝統を貫いた江戸小紋人生~」関連行事
無料体験「ステンシル型染め体験」
7月6日(土)
時間 午前10時~正午、午後1時30分~3時30分
県立日本絹の里(高崎市金古町) 簡単な型紙を使って絹のハギレに、筆で色をすり込み染める体験です。
対象:どなたでも
定員:各回20名
講師:当館職員
費用:無料(高校生以上は要観覧料)
申込:当日会場にて各回30分前より受付(先着順)
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
日本絹の里特別展特別展「学ぼうカイコ」 7月13日(土)~8月26日(月)
時間:午前9時30分~午後5時
県立日本絹の里(高崎市金古町) カイコの飼育量が全国一である群馬県、そんな群馬県にふさわしい施設として夏休みのこども達に、カイコの生態から飼育方法など、カイコのいろいろなひみつを紹介します。期間中は中学生以下を対象に「カイコクイズ」も開催します。クイズに答えて記念品をゲットしてください。
(観覧料) 一般=200円、大学・高校生=100円、中学生以下=無料
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
日本絹の里特別展特別展「学ぼうカイコ」関連行事
「カイコ飼育セットの販売」
7月20日(土)、21日(日)
時間:午前10時~午後4時
県立日本絹の里(高崎市金古町) 夏休みの自由研究などにぴったりな、カイコの飼育セットを販売します。(セット内容:カイコ12頭、人工飼料、飼育マニュアル、観察ノート)
対象:どなたでも
定員:350セット(先着順)
費用:600円(材料費)
申込:要電話予約
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
日本絹の里特別展特別展「学ぼうカイコ」関連行事
「カイコの飼育教室」
7月20日(土)、21日(日)
時間:午前10時30分~11時、11時30分~正午、午後1時30分~2時
県立日本絹の里(高崎市金古町) 「カイコ飼育セット」購入者向けに、カイコの生態と飼い方を詳しく説明します。
対象:「カイコ飼育セット」購入者
費用:無料
申込:要電話予約
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
日本絹の里特別展特別展「学ぼうカイコ」関連行事
「解説員による特別解説会」
7月13日(土)~8月26日(月)
時間:午前11時~正午
県立日本絹の里(高崎市金古町) 特別展「学ぼうカイコ」の展示品について解説します。
対象:どなたでも
費用:無料(高校生以上は要観覧料)
申込:不要、当日会場にお越しください
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
日本絹の里特別展特別展「学ぼうカイコ」関連行事
無料体験「カイコのペーパークラフト作り」
7月14日(日)、29日(月)、8月4日(日)、9日(金)、15日(木)、21日(水)
時間:午前10時~正午、午後1時30分~3時30分
県立日本絹の里(高崎市金古町) 手軽に作れるカイコのペーパークラフトです。
対象:どなたでも
定員:各回30名
費用:無料(高校生以上は要観覧料)
申込:当日会場にて各回30分前より受付(先着順)
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
日本絹の里特別展特別展「学ぼうカイコ」関連行事
無料体験「繭のひまわりマグネット作り」
7月15日(月・祝)、25日(木)、31日(水)、8月11日(日・祝)、14日(水)、24日(土)
時間:午前10時~正午、午後1時30分~3時30分
県立日本絹の里(高崎市金古町) 繭を使って、ひまわりのマグネットを作ります。
対象:どなたでも
定員:各回30名
費用:無料(高校生以上は要観覧料)
申込:当日会場にて各回30分前より受付(先着順)
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
日本絹の里特別展特別展「学ぼうカイコ」関連行事
無料体験「さき織りコースター作り」
7月18日(木)、28日(日)、8月8日(木)、17日(土)、22日(木)
時間:午前10時~正午、午後1時30分~3時30分
県立日本絹の里(高崎市金古町) 絹のハギレを裂いたものをヨコ糸として、コースターを作ります。
対象:どなたでも
定員:各回30名
費用:無料(高校生以上は要観覧料)
申込:当日会場にて各回30分前より受付(先着順)
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
日本絹の里特別展特別展「学ぼうカイコ」関連行事
「桑くれ体験」
7月13日(土)~8月26日(月)
時間:随時
県立日本絹の里(高崎市金古町) 特別展「学ぼうカイコ」開催期間中、展示しているカイコに桑を与えることができます。
対象:どなたでも
費用:無料(高校生以上は要観覧料)
申込:不要、当日会場にお越しください(カイコの成長の状況で、可能な限り受け付けます)
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
夏休みこどもシルク教室2019
繭クラフト体験「白まゆうさぎの貯金箱」
7月27日(土)、8月1日(木)、19日(月)
時間:午前10時~正午、午後1時30分~3時30分
県立日本絹の里(高崎市金古町) 白い繭の色や、丸みを活かして、かわいい白いうさぎを作ります。また、色の付いた繭を好きな形(水玉、星、ハート、ダイヤなど)に切り、丸い缶にうさぎを飾り付けします。
対象:小・中学生(小学3年生以下は保護者の付き添いが必要)
定員:各回20名
費用:400円
申込:要電話予約
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
夏休みこどもシルク教室2019
手織り体験「布を織って、ティッシュケースを作ろう」
7月26日(金)、8月2日(金)、7日(水)、12日(月・祝)
時間:午前10時~正午、午後1時30分~3時30分
県立日本絹の里(高崎市金古町) タテ糸に別の糸を通し、模様を作り、手織りの原理を学びます。
対象:小・中学生(小学3年生以下は保護者の付き添いが必要)
定員:各回10名
費用:500円
申込:要電話予約
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
夏休みこどもシルク教室2019
染色体験「炭酸ジュース模様のミニウォールポケット」
7月24日(水)、8月5日(月)、10日(土)
時間:午前10時~正午、午後1時30分~3時30分
県立日本絹の里(高崎市金古町) 防染糊を絹布にスタンプして、炭酸もように染めたミニウォールポケットを作ります。
対象:小・中学生(小学3年生以下は保護者の付き添いが必要)
定員:各回15名
費用:500円
申込:要電話予約
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301

県馬事公苑(外部リンク)

県馬事公苑一覧
イベント等 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
体験乗馬教室4回コース8月生 8月1日(木)~9月30日(月)の希望する4回
※火曜日(祝日の場合は次の平日)を除く
開始時刻:9月15日(日)まで=午前9時、10時、11時、午後2時、3時、4時
9月16日(月)から=午前9時、10時、11時、午後1時、2時、3時
県馬事公苑(前橋市富士見町) 1回当たり45分間の乗馬
対象:当苑を初めて利用する、小学3年生から70歳までの乗馬初心者
定員:20人(先着順)
費用:一般=1万4千円、高校生以下=1万2千円(受講料、保険料など)
申込期間:6月17日(月)~9月6日(金)
※火曜日(祝日の場合は次の平日)を除く
申し込み方法:電話予約後、所定の申込用紙
県馬事公苑
電話027-288-7002
FAX027-288-8832
夏休み体験乗馬教室 7月25日(木)~26日(金)、8月1日(木)~2日(金) 県馬事公苑(前橋市富士見町) 5時間の乗馬と1時間の学科
対象:小学3年~高校生
定員:各27人(先着順)
費用:6千円(受講料、保険料など)
※宿泊希望者は、別途1800円が掛かります
申込期間:5月31日(金)~7月15日(月)
※火曜日(祝日の場合は次の平日)を除く
申し込み方法:電話予約後、所定の申込用紙
県馬事公苑
電話027-288-7002
FAX027-288-8832

このページについてのお問い合わせ

農政部農政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3018
FAX 027-223-3648
E-mail nouseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。