本文へ
表示モードの切替
印刷

【5月26日】群馬県産キウイフルーツが国際宇宙ステーションへ!(農政課)

 群馬県産キウイフルーツが、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙ステーション補給機「こうのとり」9号機(HTV9)に搭載され、国際宇宙ステーション(ISS)に届けられました。

1 概要

 JAXAの宇宙ステーション補給機「こうのとり」9号機(HTV9)に、群馬県産(甘楽富岡地区)キウイフルーツが搭載されました。打上げ時期に入手でき、調理性、保存性、衛生性、安全性、食品残渣、搭載量の制約等の技術的要件を満たしたことから、県産キウイフルーツが選ばれました。
 日本の旬の生鮮食品を届けることによって、長期滞在中の宇宙飛行士の軌道上の生活に潤いを与え、ミッションの活力につながることが期待されています。

2 ISS搭載までのスケジュール

  • 5月9日   群馬県産キウイフルーツJAXA(種子島宇宙センター)到着
  • 5月10日~15日 生鮮食品の選別、除菌、乾燥、一般生菌数検査、梱包作業、輸送用バックへの梱包作業
  • 5月16日  HTV9への引渡し
  • 5月21日  HTV9の打上げ
  • 5月26日  HTV9のISS結合

3 キウイフルーツの概要

 搭載されたキウイフルーツは、群馬県の西部、甘楽富岡地区で栽培されたものです。
 収穫は11月下旬ごろまでに終わり、追熟させて4月ごろまで出荷となります。
 主な栽培品種は、果肉が緑色のヘイワード種ですが、最近では果肉が黄色や、果芯が赤いものも生産されています。

4 その他

JAXAからの公表資料(外部リンク)

このページについてのお問い合わせ

農政部農政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3018
FAX 027-223-3648
E-mail nouseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。