本文へ
表示モードの切替
印刷

【3月16日】“「なつこ」を素材にシルク商品化”について知事に報告します(蚕糸園芸課)

  近年の夏の猛暑でも丈夫に育つ蚕「なつこ」は、令和2年に初めて県内農家で実用飼育され、品質の良い繭が出荷されました。
  県では、「なつこ」の一層の普及を図るため、「なつこ」(生糸)の需要開拓と商品化を進め、この度、県内加工業者とアーティストの共創により、シルクの魅力を肌で感じられるマフラー等が商品化され、この取組の知事報告が行われます。

1 日 時

   令和3年3月17日(水)午前11時~(約20分間)

2 場 所

   県庁舎6階 秘書課第1応接室

3 内 容

  (1)新商品の贈呈
  (2)新商品開発の説明
  (3)知事コメント
  (4)歓談
  ※マスコミ取材は、知事コメントまでとさせていただきます。

4 新商品開発者

   〇企画加工・商品化:有限会社ミヤマ全織 代表取締役 長竹 敏次(みどり市)
   〇アート&デザイン:現代美術作家 竹村 京(高崎市)

<参考データ>

◆“「なつこ」を素材にシルク商品化”の経緯
 1)平成24年     群馬県蚕糸技術センターにおいて耐暑性蚕品種の育成を開始
 2)令和元年10月   9番目の群馬オリジナル蚕品種として認定
 3)令和2年 1月   群馬県知事が「なつこ」と命名し、記者発表
 4) 同   8月   前橋市及び富岡市の養蚕農家9戸が「なつこ」を実用飼育・繭出荷
 5)令和3年 2月   「なつこ」(生糸)を素材に、アートを乗せたシルク製品を商品化

<開発したシルク商品>

 1)お散歩マフラー(サラッとした肌触りと優れた保温・吸湿性で一年を通して使用可+アート&デザイン)
 2)シルクマスク(絹の光沢感最大限に引き出し、肌に優しく、調温性や臭いを抑える効果も期待できる)


  
 
お散歩マフラー
お散歩マフラー
トランプ図像のアート&デザイン
トランプ図像のアート&デザイン
お散歩マフラーカラーバリエーション
お散歩マフラーカラーバリエーション
シルクマスク
シルクマスク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

農政部蚕糸園芸課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3092
FAX 027-243-7202
E-mail sanshien@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。