本文へ
表示モードの切替
印刷

【2月26日】群馬県産シルクを100%使用した「木目込みぐんまちゃん人形」が誕生しました(工業振興課)

 県では、繊維・絹産業、伝統工芸などの地場産業の活性化を図るため、新たな感性を取り入れた付加価値の高い商品開発を促し、国内外に広く発信することとしています。
 この度、株式会社小学館と県内の事業者が連携し、本県の名産「シルク」と「伝統工芸」の手業を集結した「木目込みぐんまちゃん人形」が誕生しました。
 なお、群馬県産シルクの魅力や、この人形に込めれた職人技・制作過程などが、株式会社小学館が発行する『和樂(わらく)』4・5月号で特集されます。

木目込みぐんまちゃん人形(チェック)の写真

生地

  • 森秀織物(株)(桐生市)制作
  • 群馬オリジナル蚕品種「ぐんま200」を100%使用
  • 国指定伝統的工芸品「桐生織」7つの技法のひとつ「御召織」を採用
  • 御召織特有の“しぼ”による独特な風合い
  • 白生地は染色せず、繭本来の色を表現
    ※ボウタイと座布団にはシルクを使用していません

本体

  • 大公人形(高崎市)制作
  • 群馬県ふるさと伝統工芸品「榛名の木目込」
  • 桐の木粉に正麩糊を混ぜた「桐塑」を使用した天然素材

『和樂』4・5月号で40体限定発売

  • 金、銀、赤、チェック 各10体
  • 価格:各18,500円(税抜)
  • 発行日:平成31年3月1日(金)
    ※約幅10×奥行8.5×高さ15cm

『和樂』とは

“日本文化の入り口マガジン”をキャッチフレーズに、日本美術や日本独自の発展を遂げた伝統芸能、地方の多様な伝統文化、日本ならではの旅など、日本文化の魅力を美しい写真と独創的なデザインで紹介。
 [発行日]奇数月1日 [発行部数]全国の書店等 約5万部

『和樂』に関するお問い合わせ

株式会社小学館 文化事業局「和樂」
電話 03-3230-5677

このページについてのお問い合わせ

産業経済部工業振興課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3358
FAX 027-221-3191
E-mail koushinkou@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。