本文へ
表示モードの切替
印刷

【6月7日】県内都市の将来像を審議する、第189回群馬県都市計画審議会を開催します。(都市計画課)

 群馬県では、県内都市の将来像を決定するため、都市計画道路の変更及び都市計画区域内における産業廃棄物処理施設の敷地位置について審議を行う「都市計画審議会」を開催しています。
 以下の日程により審議会を開催しますので、傍聴を希望される方は、審議会当日の午前9時45分までに群馬県庁29階第1特別会議室までお越しください。

1.開催日時

 令和元年6月19日(水) 午前10時 開会

2.開催場所

 第1特別会議室(群馬県庁29階)

3.傍聴定員

 10名

  • 開会15分前までに会場へお越しください。なお、開会の15分前の時点において傍聴希望者が定員を超えている場合は抽選となります。ただし、審議議案について群馬県都市計画審議会が当日に非公開と決定した場合には傍聴できませんので、あらかじめ御承知おきください。

4.審議議案

第1号議案 渋川都市計画道路の変更(3・4・4号渋川高崎線の変更)について

 渋沢橋は、平成元年策定の四ツ角周辺地区整備(活性化計画)基本構想において、魅力ある中心市街地への南側入口の象徴として橋上緑地の整備計画があり、幅員を26メートルとしていましたが、社会情勢の変化により渋沢橋周辺を取り巻く環境が変わり、橋上緑地の整備効果の低下もあることから、橋以南の計画幅員に合わせます
 また、本路線は市街地内を通過するため、通過交通を周りの渋川西バイパス等に振り替えることにより通過交通の分散が図られることから、4車線から2車線に変更するものです。

第2号議案 富岡都市計画道路の変更(3・4・3号小沢別保線の変更)について

 富岡市が、平成24・25年度に行った都市計画道路の見直し検討の結果、当該路線は歩行者空間の確保を条件に都市計画決定を廃止することとなっており、このたびそれに係る整備が行われることから、当該路線の都市計画決定を廃止するものです。

第3号議案 藪塚都市計画区域内産業廃棄物処理施設の敷地位置について

 本議案に係る計画については、木くずの破砕処理施設であって、一日当たりの処理能力が5トン/日を超えるものであるため、許可権者である太田市長が付議するものです。

木くずの破砕処理施設 132.4トン/日
 延べ面積
申請部分 532.95平方メートル
申請以外の部分 2,329.36平方メートル
合計 2,862.31平方メートル

第4号議案 赤堀都市計画区域内産業廃棄物処理施設の敷地位置について

 本議案に係る計画については、木くずの破砕処理施設であって、一日当たりの処理能力が5トン/日を超えるものであるため、許可権者である伊勢崎市長が付議するものです。

木くずの破砕処理施設 267.9トン/日
 延べ面積
申請部分 1,577.24平方メートル

【参考】都市計画区域内の産業廃棄物処理施設について

 都市計画区域内の産業廃棄物処理施設については、建築基準法第51条で建築等が制限されていますが、特定行政庁が県の都市計画審議会の議を経て、その敷地の位置が都市計画上支障がないと認めて許可した場合に限り、建築することができるようになっています。
 用途地域内の指定のない区域内の建築等が制限される産業廃棄物処理施設は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令」第7条第1号から第13号の2までに掲げる施設となっています。

このページについてのお問い合わせ

県土整備部都市計画課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3652
FAX 027-221-5566
E-mail keikan@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。