本文へ
表示モードの切替
印刷

【6月22日】リニューアル記念特別企画のご案内(近代美術館)

県立近代美術館は、昨年12月から約半年間に及ぶ設備等の改修工事を終え、7月2日(土)からリニューアルオープンします。
まずはコレクション展示での幕開けとなります。ルノワールやモネ、ルドンの版画、オノサト・トシノブの特集展示など、当館のコレクションをお楽しみください。

1 見どころ紹介

《ゲルニカ(タピスリ)》の期間限定公開(7月2日(土)~8月28日(日))

本作品は、パブロ・ピカソが、絵画《ゲルニカ》を織物工房と共働してタピスリ(つづれ織りの壁掛け)に再現したもので世界に3点あるうちの一つが当館に収蔵されています。
1階エントランスホールに展示する彫刻、オシップ・ザッキン《破壊された都市》とともに、反戦や平和を求める普遍的なシンボルとなっている作品です。

  • 会場 群馬県立近代美術館 展示室2
  • 開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 休館日 毎週月曜日(7月18日、8月15日は開館)、7月19日(火)
  • 観覧料 一般300(240)円 大高生150(120)円

※( )内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料

2 リニューアルオープン特別企画の実施

記念講演「ピカソの《ゲルニカ》と現代世界」(7月3日(日)14時~15時30分)

ピカソについての著作もある岡部特別館長が、20世紀を代表する傑作《ゲルニカ》とそれが生みだされた世界情勢や背景について語ります。

先着プレゼント(7月2日(土))

当館の展示を観覧される先着100名様に、7月9日(土)から開催する企画展「うるわしき薔薇」展のポスター又はポストカードをプレゼントします。

群馬県立近代美術館外観の写真
群馬県立近代美術館外観

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

県立近代美術館
〒370-1293 高崎市綿貫町992-1
電話 027-346-5560
FAX 027-346-4064