本文へ
表示モードの切替
印刷

【8月7日】「古墳と和同開珎~白山古墳出土品 群馬初公開~」(歴史博物館)

白山古墳(はくさんこふん、前橋市苗ヶ島町)は、8世紀前半の築造が推定される円墳です。和同開珎、蕨手刀、銅鋺など、飛鳥・奈良時代の遺物が副葬されており、最終末の古墳の姿を示すものとして、全国的にも稀少な古墳として知られています。

歴史博物館は、奈良国立博物館と「考古資料相互活用促進事業」を実施し、群馬ゆかりの考古資料「白山古墳出土品」の里帰りを初めて実現させました。

群馬県初公開となるこの機会に、ぜひご覧下さい!

白山古墳出土品一括の画像
白山古墳出土品一括(奈良国立博物館)
白山古墳の和同開珎の画像
白山古墳の和同開珎(奈良国立博物館)

基本情報

1、期間

 平成30年8月7日(火)~平成30年9月24日(月・振休)

2、展示会場

 群馬県立歴史博物館 テーマ展示室

3、常設展観覧料

 一般300円/大学・高校生150円/中学生以下無料
 ※障がい者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料

4、休館日

 毎週月曜日(ただし、8月13日及び9月17日は開館)、9月18日(火)

5、開館時間

 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)

関連行事「ぐんま古墳最前線 第3回 鼎談」

1、日時

 平成30年9月15日(土) 13時30分~15時00分

2、会場

 群馬県立歴史博物館 視聴覚室

3、演題

 「古墳と和同開珎~最後の古墳・白山古墳を考える~」

4、講師

 松本 浩一氏(元・群馬県文化財保護審議会 史跡考古部門専門委員)
 吉澤 悟氏(奈良国立博物館 列品室長)
 右島 和夫(群馬県立歴史博物館 館長)

5、定員

 144人(先着順)

6、参加費

 無料

7、申し込み方法

 8月15日(水)から電話受付
 電話番号 027-346-5522(開館日の9時30分~16時30分に受付)

このページについてのお問い合わせ

県立歴史博物館
〒370-1293 高崎市綿貫町992-1
電話 027-346-5522
FAX 027-346-5534
E-mail rekishikan@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。