本文へ
表示モードの切替
印刷

【1月11日】特別収蔵品展「綺羅美耀(きらびやか)2」の開催(歴史博物館)

 戦国大名は、軍勢を集める際に綺麗に身なりを整えて参陣することを求めました。この際、文書中において「綺羅美耀(きらびやか)」という語句が用いられています。
 本展においては、武士の起源を求めることのできる古代から、武士の世が終わりを迎える幕末維新期に至る時代に視野を広げ、常設展示では公開していない貴重な資料を紹介します。武士の時代を生きた人々の営みを感じてください。

1 会期

 平成31年1月12日(土)~2月24日(日)

2 開館時間

 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)

3 休館日

 毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)

4 観覧料

 一般300円・大高生150円・中学生以下無料
 (常設展観覧料でご覧いただけます)

見どころ

「安倍小水磨経(あべのおみずまろきょう)」を一挙公開

 上野国国司であった安部小水麿が発願した大般若波羅密多経。当館所蔵の7巻を初めて一堂に公開。

「下川文書(しもかわもんじょ)」を一挙公開

加藤清正書状の画像
加藤清正書状

 安土桃山時代に加藤清正の重臣であった前橋藩士下川氏。清正の文書を含む20点を展示。

「郷土刀(きょうどとう)」・「上州甲(じょうしゅうかぶと)」を展示

脇指 上州住守重の画像
脇指 上州住守重

 空前の刀剣ブームにあわせ上野国で独自に作られた刀剣を、上州甲冑師による兜とともに展示。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

県立歴史博物館
〒370-1293 高崎市綿貫町992-1
電話 027-346-5522
FAX 027-346-5534
E-mail rekishikan@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。