本文へ
表示モードの切替
印刷

【6月5日】第15回テーマ展示「刀 カタナ かたな」開催のご案内(県立歴史博物館)

 県立歴史博物館では、第15回テーマ展示「刀 カタナ かたな~古代から現代へ~」を以下のとおり開催します。

展示の概要

 本展では、当館が収蔵している刀剣類の中から、古代から現代を通じて代表的な優品を展示します。比較的近年になって収蔵した刀剣を中心に、群馬県指定重要文化財の優品などを展示します。重要無形文化財保持者(人間国宝)の作品も展示しますので、現代刀の美しさもあわせてご鑑賞ください。

1 会期

 令和2年6月2日(火)~9月22日(火・祝)  ※会期中展示替えあり
 【前期】6月2日(火)~7月5日(日)、【後期】7月18日(土)~9月22日(火・祝)

2 開館時間

 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
 なお、6月2日~21日は10時00分開館、事前予約制。

3 休館日

 毎週月曜日(7月6日~17日は館内作業のため休館、8月10日・9月21日は開館)

4 観覧料

 一般300円・大高生150円・中学生以下無料 ※常設展観覧料で観覧可

※会期や内容等が変更になることもあります。

見どころ

古代の刀剣

「単鳳環頭大刀」の画像
単鳳環頭大刀(当館蔵)【全期間展示】

 古墳時代から奈良時代に制作された、反りのある日本刀が成立する前の刀剣を展示します。

中世~近世の刀剣

「刀 銘 濃州関住兼定作 立袈裟籠釣瓶」の画像
刀 銘 濃州関住兼定作 立袈裟籠釣瓶(当館蔵、県指定重要文化財)【前期展示】

 中世までは五箇伝と呼ばれる全国的な産地で制作された刀、近世以降は群馬の刀工が制作した刀を展示します。

現代の刀剣

「太刀 銘 大隅俊平作」の画像
太刀 銘 大隅俊平作【前期展示】

 本県を代表する重要無形文化財保持者(人間国宝)であった大隅俊平氏の制作した刀剣などを展示します。

このページについてのお問い合わせ

県立歴史博物館
〒370-1293 高崎市綿貫町992-1
電話 027-346-5522
FAX 027-346-5534
E-mail rekishikan@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。