本文へ
表示モードの切替
印刷

【7月10日】第101回企画展「綿貫観音山古墳のすべて」開催のご案内(県立歴史博物館)

 県立歴史博物館では、第101回企画展「綿貫観音山古墳のすべて」を以下のとおり開催します。
つきましては、一般公開に先駆けてプレス内覧会を行いますので、この機会に是非ご覧ください。

展示の概要

 今年3月、国の文化審議会の答申により国宝指定が決定した群馬県綿貫観音山古墳出土品は、東日本で最もまとまった古墳副葬品であり、日本国内はもとより朝鮮半島や中国の同時代史の中でも重要な位置を占めています。本展では、金工品を中心として、沖ノ島(福岡県)や藤ノ木古墳(奈良県)の出土品など関連する国宝や重要文化財も併せて公開し、当時の東アジアにおける上毛野(かみつけの)地域の歴史的位置づけを行い、その成果を披露します。

1 会期

 令和2年7月18日(土)~9月6日(日)

2 開館時間

 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
 ※事前予約制。空きがある場合は、当日入館も可。

3 休館日

 毎週月曜日(8月10日は開館)

4 観覧料

 一般700円・大高生350円・中学生以下無料
 ※常設展示、第15回テーマ展示「刀 カタナ かたな」も観覧可

5 主な展示品

「群馬県綿貫観音山古墳出土品」の画像
群馬県綿貫観音山古墳出土品/文化庁蔵・当館保管【重要文化財】※令和2年3月国宝指定の答申
「金銅製心葉形杏葉」の画像
金銅製心葉形杏葉(沖ノ島7号祭祀遺跡)/宗像大社蔵【国宝】
「金銅製棘葉形杏葉」の画像
金銅製棘葉形杏葉(藤ノ木古墳)/文化庁蔵・奈良県立橿原考古学研究所附属博物館保管【国宝】

プレス内覧会

1 日時

 7月16日(木) 14時00分~15時30分 (受付開始 13時30分)

2 会場

 県立歴史博物館 企画展示室

3 当日のスケジュール

 14時00分 右島特別館長より、ご挨拶と企画展の概要説明
 14時10分 自由内覧 ※展示室内には担当学芸員がおりますので、ご質問にお答えいたします。
 15時30分 内覧会終了

4 その他

  • 駐車場は「群馬の森」駐車場をご利用ください。
  • 内覧会にお越しになれない場合でも、取材は随時受け付けますのでご連絡ください。

※会期中に開催する関連事業等は、新型コロナウイルスの感染状況に応じて中止する場合があります。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

県立歴史博物館
〒370-1293 高崎市綿貫町992-1
電話 027-346-5522
FAX 027-346-5534
E-mail rekishikan@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。