本文へ
表示モードの切替
印刷

【4月27日】ゴールデンウィークは、れきはくで「はにわ」三昧(県立歴史博物館)

 春の特別展示「新・すばらしき群馬のはにわ」に関連して、以下のイベントを開催しています。
 遠出が難しい中、近場で群馬が誇る埴輪(はにわ)のすばらしさを堪能してみませんか。

その1 はにわの3D映像と古墳のドローン映像を大画面で!

 美しい埴輪の3D映像を、72インチ大型モニターで鑑賞できます。また、県内で埴輪樹立の様子を再現している代表的な2つの古墳(保渡田八幡塚古墳・太田塚廻り4号古墳)のドローン映像を大型テレビで鑑賞できます。ふだんは見られない埴輪の細部の造形、上空から見る古墳の形、再現された埴輪群像の配置を見ていると、きっと新しい発見があります。

埴輪3D映像の画像
埴輪3D映像

その2 はにわの原寸大レプリカと写真撮影!

 国宝「埴輪 挂甲の武人」(東京国立博物館蔵)と国重文「埴輪 飾り馬」(当館保管)の原寸大レプリカを展示しています。実物の埴輪を3D計測して制作したため、細部まで忠実に再現しています。背景パネルを設置し、レプリカと並んで写真撮影を楽しむことができます。

埴輪レプリカの画像
埴輪レプリカと背景パネル

その3 はにわのプラ板キーホルダーを作って大満足!

 透明なプラ板に埴輪のシルエットを描き写し、好きな色を塗ったり背景を描き込んだりします。トースターで熱してチェーンを通したらキーホルダーが完成。楽しみながら、埴輪の細部の特徴に気づくことができます。簡単な作業なので、親子で楽しむことができます。開催日は、5月9日(日)までの土曜・日曜・祝日で、1日6回各回20名(当日受付)。

ワークショップで作るはにわのプラ板キーホルダーの画像
ワークショップ「はにわのプラ板キーホルダー作り」

春の特別展示「新・すばらしき群馬のはにわ」

  1. 会 期  5月9日(日)まで(月曜休館・5月3日は開館)
  2. 開館時間 9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
  3. 観覧料  一般600円・大高生300円・中学生以下無料(常設展示も観覧可)
  4. その他  
  • 入館は事前予約制(電話または当館ホームページからオンライン予約)です。
  • 行事参加にも当日の観覧券が必要です。
  • 新型コロナウイルスの感染状況に応じて変更または中止する場合があります。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

県立歴史博物館
〒370-1293 高崎市綿貫町992-1
電話 027-346-5522
FAX 027-346-5534
E-mail rekishikan@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。