本文へ
表示モードの切替
印刷

【7月11日】第60回企画展「同居いきもの図鑑」の開催について(自然史博物館)

   私たちは、知らぬ間に、ネズミや蚊、寄生虫など多様な生き物と同居しています。
   私たちの家や人にすみつく「キモカワ」な生き物たちを、標本や写真、拡大模型等で紹介します。
 

開催期間

   令和元年7月13日(土)~9月1日(日) 7/16(火)
     *7/22(月)、7/29(月)は、休館
     *8月は毎日開館
 

開催時間

   9:30~17:00(入館は16:30まで)
 

開催場所

   群馬県立自然史博物館 企画展示室 (富岡市上黒岩1674-1)
 

主催

   群馬県立自然史博物館
 

<主な展示内容>

●「Gホイホイハウス」
 身近に見られるゴキブリをはじめ、国内外の多様なゴキブリを500匹以上展示します。また、20倍の拡大模型で細部のつくりをじっくり観察できます。

●「人にすみつくいきものたち」
 サナダムシ、ギョウ虫など「寄生虫」と呼ばれる人の体に生息している生き物たちを紹介します。また、CCDカメラで、人の毛穴にいるニキビダニ・頭髪にすむアタマジラミなどを探します。

●「家にすみつくいきものたち」
 企画展示室内に「家」を再現し、部屋のどんな場所にどんな生き物がいるのかを体感していただきます。

●「明日からの生活」
 群馬でも馴染みのある「マダニ」や「ツツガムシ」だけでなく、「ヒアリ」「セアカゴケグモ」など、今後、身近になるかも知れない生き物たちを実物標本や拡大模型で紹介します。
 

<企画展関連イベント>

・7/13(土) 9:30~ オープニングセレモニー(企画展は10時開始)

・7/14(日) 10:30~11:15 ワークショップ「ゴキブリ博士になろう!」  
                                 講師:有吉 立(アース製薬)
          13:30~15:30 講演会「害虫100万匹を飼育する仕事の話」
                                 講師:有吉 立(アース製薬)
   
・8/ 7(水)   11:00~12:00 スペシャルトーク「こどもに向けて話す、昆虫や虫とのつきあい方」
            14:00~15:00                      
                                 講師:久留飛克明(昆虫科学教育館)

・8/25(日) 13:30~15:30
               講演会「生き物たちとの付き合い方~外来種リスク・感染症リスクを知る~」
                                 講師:五箇 公一(国立環境研究所)

   *オープニングセレモニー以外は事前予約が必要です

   *ハッピーマンデー企画・・・8月毎週月曜日、先着500名様にミニグッズをプレゼントします

施設案内

  ・開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
  ・休 館 日:毎週月曜日(ただし4/27(土)~5/6(月)は毎日開館、5/7(火)は休館)
  ・観 覧 料:大人720(570)円、高校大学410(320)円、中学生以下無料
   *( )内は有料入館者20名以上の団体割引料金
   *身体障害者手帳・療育手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及びその介助者1名は無料です。



 
第60回企画展「同居いきもの図鑑」

このページについてのお問い合わせ

県立自然史博物館
〒370-2345 富岡市上黒岩1674-1
電話 0274-60-1200
FAX 0274-60-1250
E-mail shizenshi@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。