本文へ
表示モードの切替
印刷

【7月8日】 第105回企画展 みんなの「ごんぎつね」~新美南吉からのメッセージ~(土屋文明記念文学館)

 新美南吉は、10代半ばから童話や童謡を雑誌『少年倶楽部』や『愛誦』に投稿し、18歳で草稿「権狐」を執筆。「権狐」は、『赤い鳥』昭和7年1月号に「ごん狐」として掲載されました。本展では、小学校の教科書に掲載され、今もなお多くの人々に愛される物語「ごんぎつね」に焦点を当て、新美南吉の生涯とともに紹介します。
 かすや昌宏氏の光彩画による幻想的な空間「ごんぎつねのへや」も見どころの一つです。

1 期間

 令和元年7月13日(土)~9月23日(月・祝)火曜休館(8月13日は開館)

2 開館時間 

 9時30分~17時(観覧受付は16時30分まで)

3 観覧料

 一般410(320)円、大高生200(160)円 ( )内は20名以上の団体割引料金
 *中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料

4 関連事業

(1)講演会(要事前申込、定員150名、無料)

  • 8月3日(土) 府川源一郎氏(横浜国立大学名誉教授、日本体育大学教授)
  • 8月17日(土) かすや昌宏氏(絵本作家)
  • 9月8日(日) 遠山光嗣氏(新美南吉記念館学芸員)

  ※各日14時~15時30分

光彩画「ごんぎつね」の画像
光彩画「ごんぎつね」 (c)かすや昌宏

(2)高校生による朗読(申込不要、企画展観覧券が必要)

  • 7月13日(土)渡辺陽与さん(桐生女子高校)
  • 8月4日(日)菊池裕斗さん(前橋東高校)
  • 9月7日(土)大林菜々さん(前橋育英高校)

  ※各日14時30分~14時50分
  ※第15回群馬県高校放送コンクール入選者です。
 ★参加者には「ごんぎつね」の絵はがきをプレゼント予定

(3)展示解説(申込不要、企画展観覧券が必要)

  • 7月13日(土)、8月4日(日)、9月7日(土) ※各日14時~(20分間程度)

(4)小学生向け展示解説(申込不要、保護者の方の参加には企画展観覧券が必要)

  • 7月20日(土)、8月14日(水)、9月21日(土)
     ※各日14時~(20分間程度)

(5)ぐんまちゃん来館

  • 8月11日(日)~8月14日(水)、9月21日(土)~9月23日(月・祝)
     ※各日11時~11時20分 14時30分~14時50分

このページについてのお問い合わせ

県立土屋文明記念文学館
〒370-3533 高崎市保渡田町2000番地
電話 027-373-7721
FAX 027-373-7725
E-mail tsuchiyakan@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。