本文へ
表示モードの切替
印刷

【10月1日】群馬県立土屋文明記念文学館 第113回企画展 開催のご案内「わらう!太宰治」(土屋文明記念文学館)

 『走れメロス』『斜陽』『人間失格』など、数多の優れた作品を残し、38歳で忽然とこの世を去った太宰治。
 本展では、太宰作品の「わらい」に注目し、ユーモアや機知に富む秀作群に光を当て、太宰治=苦悩を書く作家、というイメージにおさまらない、太宰文学の懐の深さを紹介します。谷川温泉や四万温泉など、群馬県と太宰の繋がりも併せて展示します。

1 開催期間

   令和3年10月9日(土)~12月19日(日)     
   火曜休館※11月23日(火・祝)は開館、翌24日(水)は休館
   午前9時30分~午後5時(観覧受付は午後4時30分まで)

2 観覧料

   一般500円、大校生250円
   ※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料

3 展示資料

   約150点
    【主な展示資料】※群馬県内初公開資料多数
     ・「グッド・バイ」をはじめとする太宰治直筆原稿 
     ・太宰が谷川温泉から差し出した書簡 
     ・太宰治四万温泉訪問時の写真(パネル展示)
     ・旧吉井町長斎藤達也氏旧蔵『新約聖書略註』への太宰による書入れ

4 関連行事

  ※(1)と(2)の申込は、当館HP申込フォーム、往復ハガキにて受け付けます。
    (1)記念講演会(各日14:00~15:30、定員100名、要事前申込、無料)
      1) 11月6日(土)「太宰治の笑いの方法」講師:斎藤理生(大阪大学大学院文学研究科教授)
      2)12月12日(日)「太宰治 思想と宗教と笑い」講師:町田康(小説家、ミュージシャン)
    (2)語り劇(14:00~15:30、定員100名、要事前申込、無料)
       11月21日(日) 「語り劇版 走れメロス」 語り:小河知夏劇場

  〇新型コロナウイルス感染症の影響により、会期・関連行事等が変更となる場合があります。 

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

県立土屋文明記念文学館
〒370-3533 高崎市保渡田町2000番地
電話 027-373-7721
FAX 027-373-7725
E-mail tsuchiyakan@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。