本文へ
表示モードの切替
印刷

【4月24日】桐生女子高校文化祭「すずかけ祭」大垂れ幕製作のための染色体験を行います(繊維工業試験場)

桐生女子高校の文化祭中央委員及び生徒会役員(11名)が、繊維工業試験場の染色設備を使用し、染色体験を行います。
染色した色布で、大垂れ幕(約12×8m)を製作し、桐生女子高校文化祭「すずかけ祭」(6月8日(土)~9日(日))の開会式に校舎中庭で披露します。

体験日時

令和元年5月10日(金)
午前9時から午後3時頃(染色終了)まで

体験場所

群馬県繊維工業試験場 研修室・捺染(なっせん)室・染色室
桐生市相生町5丁目46-1

背景

これまで、桐生女子高校の文化祭「すずかけ祭」(2年毎)の開会式で校舎中庭に展示する大垂れ幕は、繊維工業試験場の染色体験で染めた布を用いて作られてきました。
桐生女子高校は平成33年4月に桐生高校との合併を予定しており、「すずかけ祭」の開催は今回で最後となります。
最後となる「すずかけ祭」に向けて、転写捺染機を使用したプリント染色と、液流染色機を使用した浸染(しんぜん)を体験し、大垂れ幕作りのための比較的長い生地を染色します。
この染色体験をとおして、桐生市を中心とした本県繊維産業の理解促進の一助とするものです。

用語説明

転写捺染(てんしゃなっせん)

加熱により気化する性質の染料を塗布した紙を布に合わせ、熱板により加熱することで染色する方法です。転写捺染は、水を全く使用しない染色方法です。

液流染色機(えきりゅうせんしょくき)

被染色布を染液の流れに乗せて、染浴中で循環させながら染色する機械です。

前回の転写捺染の写真
前回の様子(転写捺染)
前回製作した大垂れ幕の写真
前回製作した大垂れ幕

このページについてのお問い合わせ

繊維工業試験場
〒376-0011 桐生市相生町5-46-1
電話 0277-52-9950
FAX 0277-52-3890
E-mail senkoushi@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。