本文へ
表示モードの切替
印刷

【6月3日】平成30年度群馬県企業局の決算について(速報)((企)財務課)

1 決算の概要について

 平成30年度の企業局6事業全体の純利益は、駐車場事業の廃止に伴い18億円余の純損失を計上したため、平成29年度に比べ21億13百万円減少し、31億11百万円となりました。

平成30年度純損益総括表一覧(単位:百万円)
区分 電気 工業用水道 水道 団地造成 駐車場 施設管理 合計
30年度(A) 1,983 512 1,940 360 -1,865 181 3,111
29年度(B) 1,654 403 2,005 995 0 167 5,224
増減(A)-(B) 329 109 -65 -635 -1865 14 -2,113

2 各事業の状況について

(1)電気事業

電気事業一覧(単位:百万円)
区分 供給電力量 (kwh) 販売電力料 経常損益 特別損益 純損益
30年度(A) 783,033,596 7,679 1,920 63 1,983
29年度(B) 801,489,668 7,276 1,594 60 1,654
増減(A)-(B) -18,456,072 403 326 3 329

 雨量が平年比で79%となり供給電力量は減少しましたが、販売電力料の売電単価が上昇したことなどにより、販売電力料、経常利益とも前年度に比べ増となり、純利益は3億29百万円増の19億83百万円となりました。

(2)工業用水道事業

工業用水道事業一覧(単位:百万円)
区分 給水実績(m3) 給水収益 経常損益 特別損益 純損益
30年度(A) 47,498,451 1,660 428 84 512
29年度(B) 46,308,239 1,666 395 8 403
増減(A)-(B) 1,190,212 -6 33 76 109

 給水実績は増えたものの、受水企業の事業縮小に伴う契約水量の減により料金収入が減少し給水収益は減となりましたが、減価償却費などの費用が減少したことから、経常利益は前年度に比べ増となりました。
 また、契約水量の減に伴う負担金など特別利益84百万円を計上したことから、純利益も増加し、5億12百万円となりました。

(3)水道事業

水道事業一覧(単位:百万円)
区分 給水実績(m3) 給水収益 経常損益 特別損益 純損益
30年度(A) 83,133,860 6,117 1,914 26 1,940
29年度(B) 83,133,860 6,117 2,003 2 2,005
増減(A)-(B) 0 0 -89 24 -65

 給水実績、給水収益は横ばいでしたが、ポンプ分解点検など定期点検にかかる修繕費の増加や県央第一水道事務所の3系浄水処理施設の供用開始に伴い減価償却費が増加したことなどにより、経常利益、純利益とも黒字幅が縮小しました。

(4)団地造成事業

団地造成事業一覧(単位:百万円)
区分 分譲面積 (m2) 分譲収益 経常損益 特別損益 純損益
30年度(A) 119,000 2,697 259 101 360
29年度(B) 273,951 4,708 947 48 995
増減(A)-(B) -154,951 -2,011 -688 53 -635

 産業団地の伊勢崎宮郷工業団地及び板倉ニュータウンのほか館林広域防災拠点、合わせて約12ヘクタールを分譲しましたが、前年度の分譲面積27ヘクタール余と比べ約15ヘクタール減少したため分譲収益は減となり、経常利益、純利益とも黒字幅が縮小しました。

(5)駐車場事業

駐車場事業一覧(単位:百万円)
区分 駐車台数 (台)

駐車利用料金

経常損益 特別損益 純損益
30年度(A) 334,508 133 -2 -1,863 -1,865
29年度(B) 273,569 110 0 0 0
増減(A)-(B) 60,939 23 -2 -1,863 -1,865

 近隣商業施設の来客者増等により駐車台数が増え駐車利用料金も増加したものの、高崎市との協定に基づき、最終的な収支が均衡するよう負担金で調整を行うこととしているため、例年であれば損益は収支均衡となりますが、平成31年4月1日付けでウエストパーク1000を高崎市へ譲渡しており、譲渡に伴い固定資産の減損損失などの特別損益マイナス18億円余を計上したため、純損失は18億65百万円となりました。
 なお、純損失は資本剰余金を充てて処理するため、譲渡に伴う実質的な損失は発生しません。

(6)施設管理事業

施設管理事業一覧(単位:百万円)
区分 ゴルフ場利用人員
賃貸ビル賃貸面積
格納庫賃貸面積
ゴルフ場収益 及び 賃貸収益 経常損益 特別損益 純損益
30年度(A)

261,429人

3,772m2

1,757m2

847 181 0 181
29年度(B)

263,191人

3,655m2

2,170m2

818 167 0 167
増減(A)-(B)

-1,762人

117m2

-413m2

29 14 0 14

 ゴルフ人口が減少傾向にあるなど、ゴルフ場利用人員は微減となりましたが、降雪や台風の影響により営業できなかった期間に対する指定管理者納付金の減額調整がなかったことや、賃貸ビル事業の入居団体の増などにより、経常利益、純利益とも増となりました。

m2=平方メートル
m3=立方メートル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

企業局財務課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3931
FAX 027-243-7753
E-mail kzaimuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。